2017年にビットコインはどこまで値上がりするのか?

 最終更新日2017/02/16    閲覧数1,596回   この記事は 約2分 で読めます。

2017_insert_image_000058

2017年のビットコイン相場も相変わらず強気予想が優勢なようです。

ポジショントーク的な面も多々あると思いますが、長期的に底堅く上昇していくとしても短期的には上げ下げを繰り返すのが常なので、投機にしろ投資にしろテクニカル分析を駆使しつつ、適切なマネージメントは心がけたいですね。

あと、無計画/無秩序な逆張り派が多いように見受けるのですが、あなたがクジラでなければ、その形ではいずれ死にますので気を付けた方がいいかなと思います。

自問自答してみて、勝利の快感を欲しているのであればそれはギャンブルです。そういうタイプの特徴的キーワードは「なんだかんだプラマイゼロかなー」です。パチスロ好きの知人たちが口々にいいます(笑)

では、和訳記事を読んでおきましょう。

2017年にビットコインはどこまで値上がりするのか?

ビットコインを後押しする要素の一つとして、政府紙幣がさらに不安定なものになっているという事実があります。

ビットコインにとって2016年は素晴らしい年でした。世界最高の実績を残した通貨となりました。しかし2017年に入ると、これまでのところジェットコースターのような値動きをしています。

20%値上がりしたかと思えばその後に35%値下がりし、また揺り戻したりといった具合です。こうした状況の中で、今年はどのような現象が起こるのでしょうか?ビットコインは最高値を更新するのでしょうか?それとも最低値を割ってしまうのでしょうか?

ビットコインを後押しする要素の一つとして、政府紙幣がさらに不安定なものになっているという事実があります。インドやベネズエラで行われた廃貨によって、人々は彼らが持つ銀行紙幣が事実上無価値なものであると宣告されました。

それによって、いかなる独立政府にも依存しないビットコインが、より優れた投資対象として浮上したのです。強烈なインフレも、人々がビットコインを新しい選択肢として考えたり、さらに多くの企業がビットコインを決済方法として導入するきっかけとなるかもしれません。

 - クリプトシグナル, 和訳

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。