ライトコインやドージコイン等のアルトコインって何?

      2016/05/22    閲覧数2,063回   この記事は 約2分 で読めます。

contents-top_image_00012

アルトコイン(またはオルトコイン)を直訳すると「(ビットコインの)代わりのコイン」となります。正確には、基本的にビットコインと同じような仕組みをもつ他の仮想通貨、といった方が早そうです。

将来的に価値が上がるかどうかを見極めて早いうち(安いうち)に投資しておけば、その予想が当たってビットコインのように成長すると膨大なキャピタルゲイン(資産の価格の上昇による利益)を得ることもできますね。

世界中に何百種類も派生していますが、代表的なものは次のようなものになります。

ライトコイン(Litecoin)/ LTC

lite0012011年10月に公開された仮想通貨です。ビットコインと基本的な仕組みは同じですが、大きな違いはビットコインの認証速度が10分に対し、ライトコンは2.5分と高速であることと、コイン発行上限が8,400万枚であることで、ともにビットコインの4倍です。

欠点は、認証速度が短いということは安全性が低くなったりブロックチェーンのサイズが大きくなるというところです。

公式サイト:https://litecoin.com/ja/
insert_image_00008

ドージコイン(Dogecoin)/ DOGE

doge0012013年12月に公開されました。DOGEとは犬(Dog)のスラングで、日本でいえば「ねこ」を「ぬこ」と表現するようなものです。
コイン発行上限はなく、約980億コイン採掘後は微増していくという仕組みで、認証速度(ブロック生成間隔)は1分です。

ジャマイカのボブスレーチームがソチ冬季オリンピック出場のための寄付集めにDogecoinを採用したことで価値と知名度が上がりました。

公式サイト:http://dogecoin.com/
insert_image_00009

モナーコイン(Monacoin)/ MONA

mona0012014年1月に公開された日本初の仮想通貨です。モナーは匿名掲示板の2ちゃんねるでよく用いられる、アスキーアート(AA)によるキャラクターの一種です。コイン発行上限は1億512万枚、認証間隔は1分30秒ほどです。

純国産の仮想通貨なので、利用法や解説など日本語が主となっており、採掘など仮想通貨を学ぶ意味での利用価値もあります。

モナコインとも呼ばれています。

はじめてのモナーコイン:http://monacoin-crypto.blogspot.jp/
公式サイト:https://monacoin.org/ja/
insert_image_00010

モナーコイン/ビットコインを扱う取引所:https://zaif.jp/trade_mona_jpy
insert_image_00011

 - アルトコイン, ビットコインって?, 基本のビットコイン

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2016年でFX歴7年目、独立して6年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。