ブロックチェーンに必要な1つのこと~知識の呪いを克服せよ!

 最終更新日2017/04/11    閲覧数387回   この記事は 約2分 で読めます。

2017_insert_image_000143

これは習得したい…、おおよその仕組みを説明したところで、(ネットは主にスマホでたまにやるくらい程度の)友人たちのほとんどは「よくわからんけどなんかすごそう」というところで、いつも終わってしまい、話を盛り下げないために「投資で儲ける」方面の話に切り替えます(笑)

そうすると急に食いつきが激しくなります…要するに、彼らにそれが何なのかを感覚的に理解させ、こちらが望む方の興味を沸かせる前に、ソッチの話題でいっぱいにしてるのです。これは別に悪いことだとも思いませんが、なんかいつもしっくりこない…。

たぶん自分もまだよく理解しきれてないところは多いと思います。あるいは単なる説明ベタ。文末にある2通りの人物のうち、僕は「単純に楽しいという理由でブロックチェーンに携わっている人物」であり、トレードや投資をすることが主目的で入ってきたので、深いところまで知る必要はないかなと思う部分もありますが…。

さて、ではそんな英文記事の和訳を読んでおきましょう。

ブロックチェーンに必要な1つのこと~知識の呪いを克服せよ!

「では、ブロックチェーンとは正確にはどんなものなのですか?」

誰しもがこの質問を聞いたことがあります。ひょっとすると、去年の家族でのクリスマス会でおばさんに聞かれたのかもしれませんし、コーヒーを飲んでいる時に友達が聞いてきたのかもしれませんね。もしかすると、それを聞いてきたのは、将来の顧客かもしれません。要するに、この質問は何度もされてきたということです。どのようにそれに答えるのが良いのでしょうか?

Google検索をすれば技術屋たちの回答を集約したような文言が得られます。「デジタル台帳であり、その中にビットコインや他の通貨で行われたトランザクションが、公に時系列順で記録されているもの」というものです。しかし私が思うに、あなたのおばさんは「デジタル台帳」のあたりでつまずいてしまうでしょう。

ブロックチェーンが必要としているのは、それを上手く説明してくれる人物です

「ブロックチェーンとは何か?」と人々が質問してくる時に、彼らが何を知りたがっているのかを理解しているブロックチェーン信奉者はほとんどいません。私たちはそうした質問を「ブロックチェーンの仕組みを教えてほしい」と解釈しますが、実際には「なぜブロックチェーンに注目すべきなのか」という質問なのです。

 - クリプトシグナル, 和訳

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。