因果応報:コミュニティはブロックチェーン上の仏教のご都合主義に異議を唱える

 最終更新日2017/08/17    閲覧数693回   この記事は 約1分 で読めます。

2017_insert_image_000305

ちょっと面白い記事を見つけたので和訳してみました。早速読んでみたいと思います。

因果応報:コミュニティはブロックチェーン上の仏教のご都合主義に異議を唱える

スタートアップ企業であるLotosはRedditで新しいプロジェクトを発表しました。そのプロジェクトはイーサリアムのブロックチェーンを基盤として、仏教と瞑想をサポートする分散型の宗教コミュニティを構築することを目標としています。

Lotosのホワイトペーパーによれば、コミュニティの構造は3つに区分されることになるようです。師と弟子をつなぐ「ブロックチェーン外のソフトウェアプラットフォーム」。「中央銀行のスマートコントラクトと、購読料によって購入されたERC20トークンに支えられる内的な経済圏」。そして「Swarmによってネットワークに接続されるウェブサイトとデータベースのバックエンド」の3つです。

ERC20に準拠したKarma (KRM)トークンは、プラットフォーム上での取引と、プラットフォーム開発のクラウドファンディングのために使用されます。それに加えて、ユーザーがネットワークを拡張することに成功すれば、そのユーザーは報酬としてKRMを受け取ることができます。

Lotosは、科学と宗教を革新的な方法で結び合わせることで、ブロックチェーンを基盤としたコミュニティを構築することができると考えています。

「仮に科学的な分析によって、仏教のある教えが誤りだと実証されれば、私たちは科学による発見を受け入れて、その教えを捨て去らなければなりません。」

 - 和訳

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。