電子法定通貨と暗号通貨の大きな違い

 最終更新日2017/05/17    閲覧数547回   この記事は 約1分 で読めます。

2017_insert_image_000187

電子法定通貨と暗号通貨の大きな違い

最近では様々な種類のデジタルマネーが存在し、アカウントも電子技術によって管理されているため、銀行が発行する伝統的な電子通貨と、ビットコインのようなパーミッションレスな暗号通貨との違いは何かと疑問に感じる人も多いようです。

キャッシュレス社会に向けた大きな流れ

過去数年にわたって、キャッシュレス社会に向けた世界の進歩についての議論が多く行われてきました。さらに、世界中の官僚や政府機関が、現金準備を廃止して個々の紙幣の循環を止めることで、その考えを推し進めてきました。70年代以前には、現金はお金の主流の形態でした。しかしそれ以降、ほとんどの人々が今や日常生活の中で、電子形態の現地通貨を用いてトランザクションを行っています。

例えば、世界中のお金のうち、紙の紙幣になっているものは8%に過ぎず、その他すべては電子法定通貨の形を取っています。世界中のあらゆる国々が、ゆっくりとキャッシュレス社会へと移行しています。アメリカでは、1975年に銀行への電子入金の習慣が一般的になりました。そして10数年後には、人々はデビットカードを使ってその預金を使用していました。

現在、いくつかの特定の国々においては、銀行が流通を止めているため、100ドル、500ドル、1000ドルといった高額面の紙幣が希少になってきています。特にインドでは昨年、指導者たちが通貨の流通を廃止する手続きを行ったため、現金危機に見舞われています。インドでは政府機関が、現金を電子法定通貨に置き換えることによって、キャッシュレス社会を強く推進しているため、現金を使用する機会は減少しています。

 - クリプトシグナル, 和訳

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。