図解!公式Ethereum Wallet(Mist Beta 0.8.7)インストールと使い方の基本

      2016/11/25    閲覧数1,704回   この記事は 約15分 で読めます。

2016_insert_image_000217

イーサリアム(Ethereum)の基軸通貨であるETH(イーサ/Ether)の送受信や保管、そして今後いろいろ出てくるそのDApps(分散型アプリケーション)のトークンをICO時に購入/保管/送受信できる、イーサリアム公式のPCインストール型ウォレットのインストールから基本の使い方をカンタンに説明していきます。

今後たくさんのETH系ICOが立ち上がってくる思いますが、このページの情報(トークン追加とコントラクト設定)でほとんど応用が効くと思います。

ここでは2016年11月10日現在の最新版であるEthereum Wallet and Mist Beta 0.8.7をWindows10(64bit版)で使うことを前提とします。

以下、それをMistと呼びます。

メリットとデメリット

メリット

●複数のイーサリアム系DAppsのトークンを1つのウォレットで保管/管理できる。

●投票や報酬分配機能のあるトークンを複数所有してても、投票参加や報酬受け取りなどの作業がMist一本で可能(なはず)

●制限のあるイーサリアム系ICOへの参加がちょっと優位になるかも(推測)

特設WEBサイトや取引所経由だと、例えば、「最初の1時間は特大ボーナス付き!」というICOの場合、購入者が殺到してサーバーダウンしアクセス不能になってしまうことが想定されます。その点、Mistだと直接購入のような形になりますので、若干優位になるのかも?と思ってます。

多言語表記

ウォレット上部メニューの「ビュー」→「Change language」から言語を切り替えることができますが、現バージョンではまだほとんど日本語対応されていません。

旧バージョンではある程度されてたので次以降のバージョンで対応するかもしれません。ただ、何かしらICOの解説とかスマートコントラクトの解説はほとんどが英語版なので、なるべく英語版でなれておいた方がいいのかなと思います。

デメリット(注意点)

●とにかく…とにかく同期(Sync)に時間がかかりまくる。

どれだけ同期に時間がかかるか?

Mistを使うには全てのブロックチェーンデータをダウンロードして同期させておく必要があります。はじめてインストールする際は同期完了まで連続で数日間はかかる覚悟が必要です。2ヵ月半ほど同期してなかったときは、同期完了まで2日半(つけっぱなし)も費やしました。

ただ、マシンスペックや接続環境によっては、最初の同期でもそこまで時間かからない場合もあります。1日とか半日とか4時間とかいろいろです。

同期はできれば前もって完了させたい

尚、同期中でもウォレット操作は可能ですが、外部からの送金は同期が完了するまで着金が残高に反映されないことを確認しました(送金は試してないです)

とくに大事なICOなどの場合は、さきに同期を少しづつでもいいので進めておいて、本番時には完結させておくほうがよさそうですが、同期完了してなくてもウォレットに表示反映されないだけなので送金は可能です。

ラップトップの熱対策

ノートパソコンで数時間~数日にわたって同期させる場合、強烈にPC温度が高くなっていきます。冷却対策は必須です。ぼくは「ELECOMのノートパソコン用冷却台 冷え冷えクーラー」を使っていますがバッチリ冷却してくれてます。

ワンポイントメモ

0.8.7ではウォレット(Ethereum Wallet.exe)は次の場所に格納

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\EthereumWallet\app-0.8.7

gethはココ

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Ethereum Wallet\binaries\Geth\unpacked

gethをコマンドプロンプトから動かす場合は、次でやると早い

コマンドプロンプトを起動し、

cd C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Ethereum Wallet\binaries\Geth\unpacked
と入力してEnter、
geth --fast --cache=512 console
(512MBから2GBが推奨範囲)
と入力してEnter

参考:http://jpbitcoin.com/bitcoin2/ethereumのコメント欄

同期が全く進まない!おかしい!失敗してるじゃねえか!とか、めっちゃ遅い!という場合

コマンドプロンプトを起動し、次の流れでチェーンデータ削除からの再同期

cd C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Ethereum Wallet\binaries\Geth\unpacked
と入力してEnter、
geth removedbと入力してEnter → Revemo local databases [y/N]と出るので → yと入力してEnter → geth upgradedbと入力してEnter

実際、めっちゃ遅くなった場合は最初っからやり直した方が早かったことあります。

参考:Ethereumのgethで同期失敗(Synchronisation failed)への対処方法

Windowsアップデートにより同期が強制終了させられる!

状況により、Mist同期がその時とバッティングすると悲しい思いをすることに…。
Windows10のWindows Update動作を自分で選択する方法
(ただしWindows10 Homeは無理、2016.7の情報)

インターネット時刻サーバーと時刻が同期できてないとMist同期しない

gethではこういう風に出て一切同期してくれなくなるので…、

I0710 13:00:39.456613 p2p/discover/ntp.go:59] System clock seems off by -41.254661649s, which can prevent network connectivity
I0710 13:00:39.456613 p2p/discover/ntp.go:60] Please enable network time synchro nisation in system settings
I0710 13:00:39.456613 p2p/discover/ntp.go:61] ----------------------------------

こちらのページのインターネット時刻設定からtime.windows.comの時刻と同期させると、Mistの同期も動き出しました。

「スタート」→「設定」→「時刻と言語」→「日付と時刻」→「別のタイムゾーンの時計を追加する」→「インターネット時刻」→「設定の変更」より

では、

インストール編

まずこちらのサイトから圧縮ファイルをダウンロードします。
Windows10の64bit版なのでEthereum-Wallet-win64-0-8-7.exeになります。※画像は前のヤツ。
2016_mist082_0000031

Ethereum-Wallet-win64-0-8-7.exeをダブルクリックするとインストール開始です。インストール完了後、(0.8.4からは)デスクトップにショートカットができてると思います。

これが出た場合、プライベートネットワークはもちろんチェックですが、パブリックネットワークでも使うようであれば(非推奨)そちらにもチェックし、「アクセスを許可する」とします。
2016_mist082_000003

テストネットとメインネットとありますが、メインネットを選択します。
2016_mist082_000004

ETHプレセールに参加してた人用のやつです。無視してSKIPします。
2016_mist082_000005

新しくパスワードを設定します。送金時などに都度必要な大事なものです。
入力したらNEXTへ。
2016_mist082_000006

準備完了、NEXTへ。
2016_mist082_000007

LAUNCH APPLICATION!へ、ここから地獄の同期タイム入りとなりますよ。
2016_mist082_000008

この画面だけでもけっこう時間がかかる時があります。
もし1-2時間してもこのままなら、LAUNCH APPLICATIONでウォレットを開いて終了→再起動でやり直すといいかもしれません。
2016_mist082_000009

同期地獄へようこそ

ブロックダウンロード中の模様です。ここから数日かかります…。LAUNCH APPLICATIONからウォレット起動可能で、同期も継続して行われます。
2016_mist082_000010丸数日間もつけっぱなしが物理的とか精神的とか教育的に無理であれば、毎日少しづつでも同期を進めてるといいと思います。

無事に同期が完了したら、またお会いしましょう。

続きです。

基本の使い方編

同期が終わればウォレットが立ち上がります。
LAUNCH APPLICATIONをクリックでも同じです。

あなたの最初のアカウント

同期中の場合は、画像のこの辺にメーターが出ています。これ以降は、とりあえず同期が無事に完了したことを前提とします。
2016_mist082_000011メインアカウントがあなたの最初のアカウント。残高は当然0です。ETHERの文字からプルダウンでドル建て等に換算表示させることもできます。

では、メインアカウントに移動してみましょう。アカウントは追加できますが、ここでは解説しません。
2016_mist082_000012

メインアカウントの名前は自由に変更できます。「Saif」という名前にしてみました。
2016_mist082_000013このアカウントのアドレスがありますね。取引所などからこのアドレスあてにETHを送っておきましょう。

右側のメニューをちょっと確認しておきます。一番上はトークン送信ですが後回しにします。二番目のメニューではShapeShiftと連携して他の仮想通貨との交換ができます。
2016_mist082_000014

次のメニューはクレジットカードでETHを買うためのもの。但し、今はアメリカだけ。
2016_mist082_000015

次のメニューはこのアカウントのアドレスをコピーするためのもの。手動でなぞるよりは正確だと思います。
2016_mist082_000016

最後のメニューはQRコードを表示させます。スマホのQRリーダーでこのアカウントのアドレスを読み込むことができます。
2016_mist082_000017

ETHを送ってみる

上部メニューより「SEND」に移動します。
2016_mist082_000018FROMに送信元のこのアカウントのアドレスが表記されます。TOには送り先アドレスを入力しましょう。AMOUNTに送るETHの量を入力します。

その右の送信する通貨の残高の部分は、このアカウントにETH以外のETH系トークンが保管されていれば選択肢として出てきますよ。送信量に問題なければ下にスクロールします。

手数料を設定します。その量によって処理速度が変わるようですね。
真ん中だと30秒くらい。
2016_mist082_000019

最小だと数分以上で、
2016_mist082_0000020

最大にすると数秒程度。
2016_mist082_0000021問題がなければ「SEND」へ。まだ送金されませんよ。

冒頭と同じパターンですが、「最初の1時間は特大ボーナス付き!」や話題騒然のICO場合で、発行上限や集める資金の上限設定があるものだと、すぐに売り切れてしまう可能性があります。少しでも優位にICOでトークン購入したければ、念のために手数料マックスにしてもいいかもしれませんね。

ここで最終確認です。
パスワードを入力して「SEND TRANSACTION」でトークンの送信手続き完了です。
(画面は0.8.2のものです)
2016_mist082_0000022

はじめはごく少額でテスト送金するのをオススメします!

トークンを設定する

ICOで新しいトークンを買ったり、新しいトークンを送ってもらったとしても、このままではまだウォレットに表示されません。
コントラクトを設定することでそれが表示されます。

上のメニューから「CONTRACTS」に移動します。
2016_mist082_0000023

一番下までスクロールダウンし、CUSTOM TOKENSの「WATCH TOKEN」を選択すると、
2016_mist082_0000024

ポップアップで次の画面が出てきます。
2016_mist082_0000025TOKEN CONTRACT ADDRESSに対象トークンのアドレスを入力すると、それ以下の情報が出てきます(古いバージョンではそれらも手動入力でした)

正しければOKしましょう。追加したトークンとあなたの残高が表示されていると思います。

トークンアドレスは必ず各プロジェクトの公式サイトなどからコピペしてくるようにしましょう。

(トークンの)コントラクトを見る

この設定をすることで、トークンの現時点での総発行数が確認できたり、投票に参加したり、リワード(分配報酬等)を受け取ったり、リファンド(投資撤回)などが出来るようになります。

CONTRACTSの画面のCUSTOM CONTRACTSから「WATCH CONTRACT」を選択すると、
2016_mist082_0000026

ポップアップで次の画面が出てきます。
2016_mist082_0000027コントラクト名とコントラクトアドレスを入力し、JSONインターフェイスというプログラムのコードをコピペしてOKをすると完了です。

追加したコントラクトが表示されていると思います。そこからコントラクトの詳細な情報を見ることができます。

各情報は必ず各プロジェクトの公式サイトなどからコピペしてくるようにしましょう。

バックアップ

これは忘れてはなりません。資産を自己責任で守るための必須作業です。

画面上部メニューの「アカウント(Accounts)」より「バックアップ(Backup)」→「アカウント(Accounts)」を選択すると、
2016_mist082_0000029

次の場所が参照されますので、keystoneの中にあるファイルをどこか別の場所に保管しておきましょう。
2016_mist082_0000030PCが爆発炎上しても、新しいPCにMistをセットしてこのファイルを同フォルダにコピペあるいは移動すればウォレットを復帰させることができます。

ただし、あなたが生きていれば。

以上です!

同期の時間がクソ長いくらいで、それ以外はなんてことないと思います。ぜひトライしてみてください。

 - Ethereum Wallet(Mist), Ethereum(イーサリアム) , , , ,

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2016年でFX歴7年目、独立して6年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。