ブロックチェーン技術が変えるチケットの未来

 最終更新日2017/05/08    閲覧数341回   この記事は 約2分 で読めます。

2017_insert_image_000178

ブロックチェーン技術がチケットサービスを大きく変え得るという話は何度か聞いてきました。今回の和訳記事では、現在のチケット事情からスマートコントラクトがそれをどう解決していくのか…が書いてあり、そこには数十億ドル規模の大きなビジネスチャンスも潜むんだとか。

長めですがけっこう興味深い内容だったので、日本語で読んでみましょう。

ブロックチェーン技術が変えるチケットの未来

チケットはコントラクト(契約)の一種です。チケット会社はしばしば、チケットの管理や発行を行うためだけに、およそ5%もの手数料を上乗せします。ブロックチェーン技術によって、そうした手数料の数分の一のコストで、より優れた安全性の高いチケットを提供することはできないのでしょうか?私は可能だと考えています。

この記事では、チケットの機能を分析して、主な問題点について論じてから、スマートコントラクトを活用したチケットシステム実現の方法を提案したいと思います。最後に、私が知っているブロックチェーンを基盤としたシステムをリスト化しています。では始めてみましょう。

今日のチケット

チケットはコントラクトです。航空チケットから宝くじやシーズンパスにいたるまで、すべてのチケットは換金可能です。つまり、チケットはあなたが将来手にする価値を体現しているのです。チケットには紙やプラスチック、金属に印刷されているものや、デジタルなもの、さらにはそれらを組み合わせたものもあります。チケットは次のような性質のうち、一つ以上を備えています。

・譲渡可能
・市場価格で転売可能
・返金可能
・交換可能
・パス(定められた期間内で自由に複数回利用可能)
・有効期限の設定
・更新可能
・法による規制
・入場の許可
・回数券(定められた期間内でX回利用可能)
・クーポン(割引を受けたり、あるレベルの商品やサービスを受けるために使用)

ご存知の通り、多くの可能性が存在します。ほぼすべてのチケットには、どこかに法的な文言が明記されています。しばしば「サービス規約」や「利用規約」といった形式で、ウェブサイト上やチケット本体に記載されています。

チケットには危険がつきものです。チケットを紛失したり、家に置き忘れたり、日時を忘れていたり、破いてしまったり、キャンセルしなければならなくなったりと、そのリスクは様々です。およそ35年間にわたって、紙ベースのチケットの基本的なプロセスを変えることなく、チケットのデジタル化が行われてきました。今こそチケットの本質を見つめ直し、どのように発行し使用されるべきかを考え直す時ではないでしょうか。

 - クリプトシグナル, 和訳

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。