分散化の有用性の証明~Gnosisが分散型予測市場に臨む理由

 最終更新日2017/03/21    閲覧数166回   この記事は 約3分 で読めます。

2017_insert_image_000102

GnosisのMatt Liston氏による投稿です。Gnosisは高騰しているイーサリアムの分散型アプリケーション(Dapps)の1つです。

早速、英文和訳を読んでみたいと思います。

分散化の有用性の証明

Gnosisは世界初の分散型予測市場です。金融のロジックはすべてEthereumのパブリックネットワーク上で作用します。資金を保有したり、価格設定を決定する中央集権的な仲介者は存在しません。市場の株式はユーザー個人のウォレットが直接保有し、直接彼らのウォレットへと清算されます。

では、なぜ私たちはこのような分散化の取り組みを行っているのでしょうか?

カウンターパーティリスク

一般的に予測市場や他の同様の市場に参加するためには、ユーザーはサイト運営者(Intrade、Betfair、Poloniex)に一定額の通貨を送ります。その資金はその後、運営者が所有するウォレットに入金され、データベースへの入力を通じて、その同額がユーザーのアカウントへ反映されます。この手続きは、ユーザーと運営者の両者にとってリスクがあります。

運営者は顧客の資金を保管し、安全に管理する責任があります。ハッキングやその他の事故が起こった場合、サイト側に責任があり、訴訟を起こされる可能性もあります。一方で、ユーザーも種々の有事が起こらないと信頼しなければなりません。サイトによる、またはサイトからの盗難、法的介入、そして決済処理会社が引き出し可能額を制限するといった事態です。

これらは真剣に考えなければならない問題であり、特にそうした問題は定期的に起こっているという認識を持つことが大切です。市場の観点から言えば、このことが意味するのは、ユーザーが資産損失のリスクを考慮した結果として、流動性が減るという現象です。

Gnosisは、資産保有や株式発行の分散化と自動化を行うことによって、こうした非常事態に対する解決策を提供することができます。

使用されていない資金は、常にユーザーの管理下にあります。ユーザーはアカウントを所有し、プライベートキーを持ちます。本人以外は誰も資金を移動させることはできませんし、本人であればGnosisがダウンした場合にさえも、ユーザーは資金を動かすことができます。

市場で株式購入のために使われた資金は、自動のスマートコントラクトの中に保管されています。そのコントラクトは人間の手による攻撃は不可能であり、イベントの結果が判明した場合には、検証可能な方法で払い出し可能なように設計されています。

私たちのモデルにより、サイト運営者(私たちのモデルでは、Gnosis DAppもしくはその上に築かれたアプリケーション)の責任はなくなり、ユーザーがカウンターパーティリスクに曝されることもなくなります。こうしてリスクが軽減され、信頼性が増したことによって、より大きな市場の流動性が生まれます。

 - クリプトシグナル, 和訳 ,

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。