OpenLedger(オープンレジャー)のバックアップからの復元方法

 最終更新日2016/11/27    閲覧数1,624回   この記事は 約2分 で読めます。

gw0005

OpenLedgerのバックアップファイルの保存方法はこちらで解説しています。

ここではそのバックアップファイルからの復元(インポート)方法を解説していきます。

バックファイルから復元する方法

1:管理画面の右上、歯車アイコンが各種設定ページへの入り口ですのでそちらに移動します。
openledger_0015-01

2:下のWALLET MANAGEMENT CONSOLE(ウォレットマネージメントコンソール)をクリック
openledger_0015-02

3:RESTORE BACKUP(リストアバックアップ)をクリック
openledger_0016-02RESTOREは回復や復活・復元という意味になりますね。

4:バックアップファイルを保存先から選択
openledger_0020バックアップファイルの保存先を特に変更してないならばこの項目は省略される場合あります。

5:OpenLedgerのパスワードを入力し、VERIFY(ベリファイ)をクリック
openledger_0021パスワードはOpenLedgerのアカウント開設時に設定したものです。VERIFYは確認するといった意味ですね。

6:必要であれば新しいウォレット名を入力し、ACCEPT(アクセプト)をクリック
openledger_0022特に名前を変更する必要性がなければそのままでかまいません。ACCEPTは認めるといった意味ですね。ようするにOKということです。

7:RESTORE(BTS_DEFAULT WALLET)をクリック
openledger_0023前の項目でウォレットの名前を変更していればBTS_DEFAULTの部分はそれに変わっているはずです。

8:DONE(ダン)をクリック
openledger_0024DONEは完了という意味ですね。

9:復元したウォレットを確認しておきましょう。
openledger_0025

以上でOpenLedgerのバックアップファイルの復元方法は終わりです。

違う環境で同じウォレットを使いたい場合

他のパソコンで同じウォレットを使いたいことはあると思います。その場合はバックアップファイルを他のパソコンにコピー&ペーストし、この復元の流れでインポートすると実現できます。

OpenLedgerのアカウント開設~使い方
OpenLedgerって何?

 - OpenLedger(オープンレジャー)

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。