注目案件!NEMも正式に関わるChronoBank(クロノバンク)は分散型の「労働時間の売買マーケット」を作ることができるのか?

      2016/11/26    閲覧数571回   この記事は 約1分 で読めます。

2016_insert_image_000242

ChoronoBankというものの存在を知ったのは、僕がもっとも注目している仮想通貨「NEM」がこのプロジェクトに関わるらしいという話を聞いてからです。

このところずっと停滞しているNEM市場ではありますが、(その関わり方によっては)うまくいけば近い将来に相互作用する可能性があるのかなーと考えてます。

"NEM厨"と呼ばれるファンにとってはちょっとした朗報ですが、ChoronoBankそのものがたいして良くなかったり、失敗したりするようであれば、NEMの信用にキズが付くようなことにはならないものの、期待損になるのでまだ大きく騒ぎ立てるには時期尚早だと考えますが、プロジェクトとしては興味深いものだったので調査しています。

では、まずはChoronoBankの公式サイトの情報を和訳しましたので内容を見ていきましょう。

ChoronoBankとは

ChoronoBankは野心的で多分野にわたるブロックチェーンのプロジェクトです。ChoronoBankは、Uberが既存のタクシー業界を変え、またUpworkがフリーランスの進歩を代表するようになったのと同様の方法で、人的資源、人材採用、および金融の各業界に大きな変革をもたらすことを目指しています。
----------------------------------
この続きは「クリプトシグナル:どうやら仮想通貨マーケットが本気出してきた」でご購読いただけます!

 - Ethereum(イーサリアム), ICO/クラウドセール, クリプトシグナル, 和訳 , , , , , ,

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2016年でFX歴7年目、独立して6年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。