ブロックチェーンは医療保険業界において無限の可能性がある

 最終更新日2017/03/12    閲覧数662回   この記事は 約1分 で読めます。

2017_insert_image_000086

今回はFintechではなくInsurtech(インシュアテック)に関する記事を和訳してみました。医療保険業界とかまったく詳しくないので勉強もかねて…。

ちょっと読んでみましょう。短めです。

ブロックチェーンは医療保険業界において無限の可能性がある

医療保険業界におけるブロックチェーン技術の使用が、現在までしばらくの期間、検討されています。デジタル通貨の技術であるブロックチェーンは、その不変性、安全性、そして高いプライバシーといった機能を備えているため、機密情報を保護する際の理想的な技術といえます。

医療保険のシステムは現在まで、少数の業者が提供する、従来型のデータ管理とコミュニケーション方法を使用してきました。医療保険のシステムの供給業者は一般的に、自分たちの情報取り扱い基準に従うため、プラットフォームを横断する作業の際には、障害を生み出してきました。

 - クリプトシグナル, 和訳 ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。