ブロックチェーンへの投資、3つの方法

 最終更新日2017/02/13    閲覧数624回   この記事は 約2分 で読めます。

2017_insert_image_000055

R3 シンガポールの研究部門責任者である、Antony Lewis氏へのインタビューというのがありました。

Antony Lewis氏 (@antony_btc)は、シンガポールの企業R3のリサーチ部門責任者だそうです。

同氏はバークレイズのFXスポットトレーダー兼、マーケットメーカーであり、クレディ・スイスのFX取引システムの技術者でもあり、2013年から2015年にかけて、彼はitBit社内でアジアにおける事業開発部長を務めたそう。

itBitはアメリカではじめて銀行免許を取得したビットコイン取引所であり、取引銀行、弁護事務所、教育機関を持っており、さらに独立コンサルタントとしてブロックチェーンと暗号通貨を扱う公共セクターも存在します。

ではそのインタビューを日本語で読んでみましょう。

ブロックチェーンへの投資

こんにちは、Antony。今年のブロックチェーンの分野で、あなたが特に関心を持ったものを教えてもらえますか?

今年、ブロックチェーンの分野で活動している企業は、はっきりと二分化したと言えます。既存のビジネス業界へのブロックチェーンの応用を模索したものと、これまでとは異なる用途の市場を開拓しようとしたものです。

今年私は、金融サービスにおける次世代の技術開発に取り組む革新的な企業であるR3に入社しました。私は以前に銀行業務の技術分野に携わった経験があるので、技術を適切に活用して、リスクの軽減やコストの削減を行い、そして将来的には新しい収入源を開拓することが喫緊の課題であることは理解しています。

あなたが投資をするとしたら、どのようなブロックチェーン技術に出資をしますか?

投資をする際に行うべき重要な判断の一つは、次の二者のうち、どちらに投資をしたいのかということです。一つは暗号通貨やパブリックブロックチェーンのインフラです。もう一方は、ビジネス向けの分散型台帳技術の開発を行う企業です。

暗号通貨とパブリックブロックチェーンに投資を行う場合は、三つの方法があります。

 - クリプトシグナル, 和訳 ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。