ケニアにおけるビットコインの現状

 最終更新日2017/05/01    閲覧数718回   この記事は 約1分 で読めます。

2017_insert_image_000170

ケニアにおけるビットコインの現状

素早いトランザクション速度を持つピアツーピアの決済ネットワークとして、2009年にビットコインが誕生してからというもの、その将来におけるもっとも有力な使用用途は国際的な送金になると予測されてきました。

多くの専門家が、ビットコインは、サブサハラアフリカといった発展途上地域への国際送金におけるコスト削減の原動力となり、それゆえ銀行を利用できない人々に対する金融面での救済になると考えていました。

予想されたアフリカへのビットコインの送金はいまだに大規模では実現していないものの、アフリカは大陸中に、いくつかの地元のビットコイン経済圏を生み出してきました。

この記事では、ケニアでのビットコインの現状について紹介して、東アフリカの主要なハブについての情報をお伝えしたいと思います。

ケニアのビットコイン・エコシステム

ケニアは、南アフリカ、ナイジェリア、ガーナと共に、アフリカにおける主要な4つのビットコイン経済圏の一つとなっています。アフリカの多くの地域でビットコインの認知度が高まり、採用が進む一方で、上記の国だけが、スタートアップ、集会、地域のビットコイン・コミュニティ、そしてビットコインの流動性を含む、ビットコインのエコシステムを提供しています。

ケニアはいくつかのビットコインスタートアップ、定期的なビットコインの会合、ビットコイン専門の共同スペースや促進プロジェクトのホームタウンです。そのため、人々はモバイルペイメントを使うことに慣れており、LocalBitcoinsにおける取引量を考えれば、ビットコインの需要も高まっています。

 - クリプトシグナル, 和訳 , ,

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。