ライトコイン~分離署名(Segregated Witness)採用の現状

 最終更新日2017/02/10    閲覧数402回   この記事は 約1分 で読めます。

2017_insert_image_000053

以下、ライトコインのSegwitに関する和訳記事を見てみましょう。

ライトコイン~分離署名(Segregated Witness)採用の現状

ライトコインは現存するものの中で、もっとも規模が大きく安定したアルトコインの一つです。

スクリプトのアルゴリズムを採用した最初のものであり、暗号通貨における金がビットコインだとすると、ライトコインは銀の地位を獲得しました。

ビットコインと同じ機能、つまり分散型のピアツーピアの決済システムを持っているものの、ライトコインは考察に値するいくつかの異なる機能も持っています。さらに、最近起こったコミュニティ内での発展は、近い将来にそのプロトコルに統合された場合には、ライトコインにとって画期的なものとなる可能性があります。

それはSegwit(セグウィット)のことです。Segwitは、トランザクション展性のような根が深い問題を修正しつつ、ビットコインのトランザクションにおける機能性を向上させる可能性を持つ人気の高いスケーリング解決策です。それがビットコインよりも先に、ライトコインにおいてアクティベートされることになるかもしれません。

 - クリプトシグナル, 和訳 ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。