MtGoxとBTC-e、そして失われたコイン:過去最大のサイバー犯罪の進行中のタイムライン

 最終更新日2017/09/07    閲覧数1,109回   この記事は 約4分 で読めます。

2017_insert_image_000332

これはおもしろそう…と思ったので和訳してみましたよ。黒歴史を時系列で確認できるので、当時を知らない人には何が起こってたのか見えてくるかもです。

ちなみに、BTC-eって取引所、為替FX経験者なら多くの人が知ってる「メタトレーダー4(MT4)」を世界で最初にBTCトレードに採用した業者だったんです。僕はMT4使いだったので、テクニカル分析するためデモ口座を開設してました。過去データ量が豊富なので分析には良かったんですけど…残念です。

早速読んでみましょう。

MtGoxとBTC-e、そして失われたコイン:過去最大のサイバー犯罪の進行中のタイムライン

去年の今ごろなら、ビットコインには報道に値するようなスキャンダルはもう残されていないと考えた人がいたとしても当然です。しかし過去数か月で、この技術はもはや真新しいものではないものの、今後もしばらくは興味深いものであり続けるということが分かりました。

最近のハードフォークと初のアルトコインであるBitcoin Cash (BCH)の発行によって、先月報じられたMtGox事件の調査における進展のニュースは、暗号通貨業界をカバーする報道メディアの間では、単なるBGMのノイズになってしまいました。

今日の暗号通貨エコシステムの参加者の中に、MtGox事件による窃盗を記憶しているか、その影響を受けた経験があるほど長く携わっている人がほとんどいなくなってきていることを考えれば、これはもっともなことです。しかし、ビットコインを初期から追い続けている人にとっては、MtGox強奪事件の謎の解明において、少しでも進展があったとしたらそれは大きなニュースなのです。

最近の出来事、つまりMtGoxからビットコインを強奪したとされているAlexander Vinnikの逮捕とBTC-eの閉鎖を踏まえて、現在は機能を停止しているMtGox取引所のこれまでの経緯を追ってみましょう。

2007年1月

マジック:ザ・ギャザリングのプレイヤーが株式のようにデジタルカードをトレードできるウェブサイトを作ろうと、ソフトウェア開発者のJed McCalebはmtgox.com (Magic The Gathering Online eXchange)というドメインを取得しました。サイトは2007年の後半に3カ月ほど運営されましたが、その後McCalebはそのサイトを時間をかけてまで主催する価値はないと判断しました。

2010年7月18日

ビットコインのことを知るとすぐに、McCalebは取引サイトを書き上げて、休止していたmtgox.comのドメイン名でローンチしました。

2011年3月

サイトにだけ時間を費やすことが不可能なため、McCalebはMtGoxを、日本で活動するフランス人のソフトウェア開発者であるマーク・カルプレス氏に売却しました。

2011年6月19日

MtGoxは、監査役のコンピュータが漏えいし、ハッカーに大量のビットコインを盗まれてしまうというセキュリティ侵害を受けました。ハッカーたちは盗んだコインをすぐに売却し、MtGox取引所ではビットコインの名目価格は1セントにまで暴落しました(もっとも価格は数分で訂正されましたが)。この一件はMtGoxのセキュリティの脆弱性を示唆する最初の事件となりました。

2011年9月

この時点で取引所とそのユーザーは知らなかったことですが、MtGoxのホットウォレットのプライベートキーがコピーされたwallet.datファイルを通じて盗まれました。そのため、ハッカーたちは漏えいしたウォレット内のコインに直接アクセスし、そうしたアドレスに預金されているあらゆるビットコインを、時間をかけて消費することが可能になってしまいました。

 - 和訳 ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。