NEM.io財団が世界展開に向けてBlockchain Globalと提携へ

 最終更新日2017/07/27    閲覧数7,943回   この記事は 約7分 で読めます。

2017_insert_image_000229
2017年6月28日に発表されたものですが、これはけっこう大きなネタだったと思います。価格に影響がなかったのはまだ計画段階だからなのでしょうか、それとも…?

では、一体どういうことだったのかニュース記事の和訳を読んでみましょう。最後に、公式テレグラムで語られたNEM.io財団代表のロンさんの言葉の和訳もあります。

NEM.io財団が世界展開に向けてBlockchain Globalと提携へ

ピアツーピアのNEMブロックチェーンの開発者であるNEM.io財団は、Blockchain Globalとの戦略的提携を結びました。Blockchain Globalはオーストラリアに拠点を置くブロックチェーン企業で、国際的な監査やネットワークインフラのサービスを行っています。

公式のリリースによれば、提携の目的はブロックチェーン技術の主要分野への普及を促しつつ、NEMの普及範囲を拡大することです。

提携による最初の取り組みとして、2017年8月にマーレシアのクアラルンプールで、起業家の支援やコワーキングスペースの提供を行うブロックチェーンセンターをオープンします。

「私たちはNEM.io財団と協力できることを誇りに思います。彼らのブロックチェーン技術のプラットフォームは、主要ビジネスや組織的インフラにとっての将来的な標準となる、と私たちは考えているからです。非営利のブロックチェーンセンターをオープンすることで、Blockchain GlobalとNEM財団の両者が、主要分野におけるイノベーションと国際的な普及を促進するという私たちの使命を追求することができます。」

とBlockchain Global のCEOであるSam Lee氏は言います。

10,000平方フィート(約930平方メートル)の面積を誇るブロックチェーンセンターにはNEMブロックチェーンイノベーションラボが入居します。

同ラボは、自社のITインフラ内でNEMのプラットフォームを活用することに興味を持つ組織に対して地域的な支援を行うだけでなく、研究開発の本部としても機能します。

NEMは今年中に、NEMエコシステムに向けた暗号通貨取引所を開設するために、Blockchain Globalと協力して開発を行う予定です。Blockchain Globalは以前に、取引量においてオーストラリア最大のビットコイン取引所であるACX.ioを築いた経験があります。

「この急速に進化していくブロックチェーンのエコシステムにおいて、Blockchain Globalと提携を行うことができて非常に興奮しています。この戦略的提携により、私たちが世界中にブロックチェーンのハブを構築していく活動が進むにつれて、普及範囲が拡大し、協力関係が深まり、取引量は増加していくことでしょう。」

とNEM財団の代表であるLon Wong氏は言います。

シンガポールに拠点を持つNEM財団は、NEMのブロックチェーン技術を世界中に広めようと試みています。その世界的な拡大プログラムに資金提供を行うために、今年度に約4000万ドルを拠出することが見込まれています。500万ドルは、ブロックチェーンセンターで起業支援を受けたブロックチェーン企業の補助に充てられます。

原文:NEM.io Foundation teams up with Blockchain Global to drive global expansion

Blockchain Globalとは?

2017_insert_image_000230
Blockchain Globalってどういう企業なのか、公式サイトのAboutにはこう書いてあります。

Blockchain Globalは2014年にBitcoin Groupとして設立され、今日までにブロックチェーン分野の企業へと進化を遂げてきました。特に、Blockchain Globalはビットコインブロックチェーンの分野での経験が豊富です。

Blockchain Globalはビットコインのマイニング自体を行っており、ビットコインブロックチェーンに関連するソフトウェアアプリケーションの開発支援も行っています。マイニング活動に加えて、Blockchain GlobalはBit Technologyというコンサルタント事業にも乗り出し、増加を続ける一連の商業的アプリケーションにおけるブロックチェーンの活用について助言を行っています。

さらには起業支援のハブおよびファンドであるBit Fundの設立も行い、ますます多くのビジネス分野において、ブロックチェーン技術を商業利用することにフォーカスしている企業のコンサルティングを行い、彼らを成長の支援することに尽力しています。

NEM.io財団のロン・ウォン代表のコメント

同氏が本件についてNEM公式テレグラムで投稿したコメントを抜粋して和訳してみました。

第一に、私たちには一つの素晴らしいセンターを建設するためだけに10,000平方フィートもの場所を有しております。また、今後はヨーロッパとシリコンバレーにそれぞれ一つずつのセンターを作る予定です。

第二に、起業支援センターを開設する予定です。500万ドルを使い世界レベルの新興企業を支援します。その目的は、支援が行われた後にその企業が巨大なベンチャーキャピタルへの道を順調に歩み始めてくれることです。そのうちの一つの企業だけでも、私たちを世界的に有名にしてくれることでしょう。

第三に、非常に重要なヒントは、私たちが独自の取引所を開発しているということです。この取引所はすべてのNEMモザイク(またはICO)、XEMBTC、そしてひょっとするとその後にはETHの取引を行うために使われることになります。

私たちは法定通貨を担保とした、私たちの取引所で取引可能なモザイクを活用した暗号通貨の発行についても金融機関と交渉を行う予定です。USDTのような通貨となりますが、私たちは複数の通貨にしたいと考えており、これはある巨大な金融機関の支援を受けています

(注意:私たちは今後も議論をする予定であり、この内容は確定したわけではありません)

すべてのメンバーがこの取引所をサポートしてくれることを願っています。NEM財団は営利団体ではないので、取引所から得た利益はNEM存続のために使用されます。NEMよ、永遠なれ!

最後に

こちらの過去記事「NEM/Mijinのブロックチェーン技術の状況報告(2017年1月) 」(前半)も合わせて読んでみてもいいかも。着実に計画が形になってきてる感じです。

 - NEM(ネム) ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。