NEMがワールドブロックチェーンサミット in ドバイに参加

 最終更新日2017/11/01    閲覧数2,173回   この記事は 約3分 で読めます。

2017_insert_image_000429

NEM.io財団のロン代表がスピーカーとして登壇したやつのイベントレポートを和訳しました。イベント規模はけっこう大きかったのでしょうか?このワールドブロックチェーンサミット以降、NEMとの提携話もちょっとずつ増えてきたように感じます。

お、写真よくみるとNEM/XEMのフィジカルコインがあるw 早速読んでみましょう。

NEMがワールドブロックチェーンサミット in ドバイに参加

2017_insert_image_000430

アラブ首長国連邦・ドバイ―NEM財団は、10月24日、25日にThe Address Dubai Mallで開催された、ワールドブロックチェーンサミットのゴールドスポンサーを務めました。財団からも代表のLon Wong 氏率いる7人が現地入りしてサミットに参加しました。

ロン氏以外の参加メンバーは、評議会委員であり東南アジア地域代表のStephen Chia氏、評議会委員でヨーロッパ地域代表のKristof Van de Reck氏、同じく評議会委員のNelson Valero氏、パートナーシップおよび戦略的提携のグローバルディレクターを務めるJason Lee氏、NEM中国のリーダーであるSteve Li氏、そしてNEMの技術指導員のShin Tatt Wong氏の6名です。

2017_insert_image_000431

UAEの仲間たちに初めて会うNEM評議委員たちにとっては、初日の朝は自己紹介の連続でした。初日はブロックチェーンコミュニティに属する様々な人々と知り合うことができました。その日行われたスピーチの中でもっとも素晴らしかったものの1つは、スマートドバイオフィスのCEOであるWesam Lootah氏によるものでした。

2017_insert_image_000432

スピーチの中で、彼はドバイ政府が行っているブロックチェーン2020プロジェクト、そしてドバイを世界初のブロックチェーンを基盤とした都市にするという目標について話しました。また、彼が強調したのは、ドバイの市民たちはドバイの発展への取り組みを評価し、傍観すべきではないと考えているということでした。

さらに彼は、「ドバイでは、正しいと思ったことは実行するのがしきたりなのです」と述べました。このような姿勢があるからこそ、ドバイはブロックチェーン技術の普及における主導的な役割を担っているのです。

他の初日のプレゼンターは、銀行、保険、ITなどの様々な産業における、ブロックチェーン技術の多種多様なユースケースを紹介しました。

2017_insert_image_000433

NEMのチームは、ビジネス開発者、企業の代表、そしてNEMブロックチェーンの大きな将来性に関心を持つ人々からも接触を受けました。

初日はディナークルーズで幕を閉じ、そこにはNEM財団の幹部たちが参加しました。若手のメンバーたちは軽く観光をして夜を過ごしました。

2017_insert_image_000434

NEM財団代表のLon Wong 氏は、2日目にスピーチを行う予定となっていました。彼は、ブロックチェーン技術を誕生させ、ビジネスの観点における新しい信頼性のモデルを作り出したのは、2008年の経済破綻が原因だったと指摘しました。

スピーチの中では、ブロックチェーン技術(特にNEMブロックチェーン)のユースケースの実例を示しました。具体的には、モザイク、ネームスペース、アポスティーユ、マルチシグなどです。

2017_insert_image_000435

Lon Wong 氏のスピーチの後には、いくつかの企業がNEMのチームに接触し、将来的な提携を探るべく、個別での会合を求めてきました。UAEでの存在感も強まってきており、中東におけるNEM財団の未来は明るいものだといえるでしょう。

2017_insert_image_000436

原文:NEM at the World Blockchain Summit in Dubai

 - NEM(ネム) ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。