第1回モンキーでもわかる!NEMのNanoWalletで独自通貨モザイクを発行してみよう!準備編

 最終更新日2016/12/08    閲覧数4,871回   この記事は 約3分 で読めます。

2016_insert_image_000273

NEMのNanoWallet(Version: BETA 1.2.2)を使ってドメイン的なネームスペースをレンタルし、独自通貨モザイクを発行して送信するまでの流れを全3回でお届けします。今回は準備編です。

尚、Nano Walletはまだベータ版だからというのもあり、デザインから使い勝手まで良いとは言えないかもしれません。日本語化のお手伝いをしましたが、改めて見ると意訳として適切な表現か迷う箇所、完全に日本語化されてな部分もちょこちょこあります。今は見逃してみましょう(笑)

ウォレットのダウンロード

まず、公式サイトのこちらのページからファイル一式をダウンロードしましょう。

nano01_001

nano01_002

特に今は必要なければ、「今はやめておく、ダウンロードを続行」で。
nano01_003
圧縮ファイルをダウンロードしたら解凍して、どこか適当な場所に置いておきます。

アカウントの作成

ダウンロードしたフォルダ内のstart.htmlをブラウザで開きます。ここではFirefoxを使っています。画像の矢印のところから言語を選択可能です。日本語にしてみます。
nano01_004

右上の「アカウントの作成」から…シンプルウォレットを選択し、必要項目を満たしたら「シンプルウォレットを作成」
nano01_005

こうなったら、ウォレットのアカウント名.wltというファイルを保存しておきます。これはバックアップ用のヤツなので大切に保管しましょう。後からもウォレット内でダウンロードすることできます。
nano01_006

ログインしてみる

NEMberというのは"ビットコイナー"のようなものです。
ウォレット名を選択し、パスワード入力してサインインします。
nano01_007

これがダッシュボードの初期画面。右上のアカウント名をクリックするだけでログアウトされるので注意を。
nano01_008

バックアップする

ここからアカウント情報のページが表示されます。ここから秘密鍵など見ることできます。
nano01_009

秘密鍵を表示させるには、ウォレットのパスワードを入れ右のボタンをクリックすると表示されます。注意書きにあるようにしっかり保管しておきましょう。
表示されたあとは右のボタンがゴミ箱になりますが、クリックすると非表示になるだけで秘密鍵の削除ではありません(笑)
nano01_010ウォレットのバックアップ(.wltファイル)もここから。

ウォレットの機能

他の管理ページをざっと見ておきましょうか。ここはXEMやモザイクを送信するところ。
nano01_011

マルチシグにアポスティーユに、そしてネームスペースとモザイクなど、NanoWalletの総力が結集されたページはここ。
nano01_012NEMのマイニングであるハーベスティングでXEM報酬を得るにはNCCが必要ですが、それを他者に委任することができるデリゲートハーベスティングの管理、Changellyを介して他のクリプトでXEMを購入することもできますね。

エクスプローラではNEMで作られてるネームスペースとかモザイク、アカウント情報など調べることができます。
nano01_013

ログアウト状態でログイン画面右上から「アカウントデータの削除(パージ)」ができます。削除してもバックアップファイルをインポートすることで再設定できます。
nano01_014

NanoWalletはざっとこのような感じです。

では、次回は本題、ネームスペースとモザイクの「作成編」です。

 - NEM Nano Wallet, NEM(ネム) , , , ,

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。