第3回モンキーでもわかる!NEMのNanoWalletで独自通貨モザイクを発行してみよう!送信編

       閲覧数414回   この記事は 約3分 で読めます。

2016_insert_image_000275

NEMのNanoWallet(Version: BETA 1.2.2)を使ってドメイン的なネームスペースをレンタルし、独自通貨モザイクを発行して送信するまでの流れを全3回でお届けします。「準備編」と「作成編」に続いて今回は送信編になります。

モザイクを送信する

作ったモザイクは送ってみましょう。

トロ(toro)を送信する

ウォレットパスワードを入れ、送信先アドレスを入れ、「モザイクを送信」にチェック、送るモザイクの量を設定したら送信。これが基本形です。
nano03_001
よければ「送信」!

ワサビ(wasabi)を送信する

wasabiの特徴はケタが小数点以下第2位まであることです。
そして今回はNEMの特徴でもあるメッセージを添付してみます。文字数で手数料が加算されるので、今回は日本語5文字で合計6XEMの手数料となっています。
nano03_002
1wasabiを送りたいなら送信量を1としてはダメです。この場合、1=0.01になってまうので、量は100とする必要があります。これって感覚的におかしいと思うので今後改善されるべきだと思います。

ウニ(uni)を送信する

モザイクを送信する場合、宛先はなんと「@+ネームスペース名」でもOKなのです。tanukinakamotoというアカウントからモザイクが送られてきていたので、ウニを送り返すことにします。また、メッセージを暗号化(手数料別途要)することで送受信者しか読めないようにします。
nano03_003
30uniを送りました。tanukinakamoto氏がブローカーになりuniを闇取引して稼ぐ寸法です。同氏がuniを誰かに送り、その誰かがまた誰かに…という取引が発生するごとに、sushiオーナーに0.000005XEMが入ってきます。

sushiブランドが帝国を築いていれば、tanukinakamoto氏に30uniを高額で売りつけ、以降の徴収料は同氏のアドレスに送られるようにするビジネススタイルでもよさそう(それができれば。たぶんできる?)

暗号化されたメッセージを読む

「復号化する」をクリックするとウォレットパスワードを求められ、そのあと読めるようになります。
nano03_004

送られてきたモザイクの詳細を知る

もしよくわからないモザイクが送られてきたら、エクスプローラーから調べると詳細がわかります。
nano03_005

これでNanoWallet導入からネームスペースレンタルとモザイク作成・送信ができるようになったと思います。

ここまで読んでくれたなら、とりあえずもうやるしかないですね?

新たな経済圏を作って「トークンエコノミー」で王国を築くのはアナタかもしれません!

(まずはXEMを買おうw)

以上、モンキーでもわかる!NEMのNanoWalletで独自通貨モザイクを発行してみよう!は終了です。

 - NEM Nano Wallet, NEM(ネム) , , ,

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2016年でFX歴7年目、独立して6年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。