NEMブロックチェーン技術による株式市場の現状の改革

 最終更新日2017/07/12    閲覧数4,398回   この記事は 約3分 で読めます。

2017_insert_image_000237

4月に発表されてたNEM.io財団の代表ロン・ウォン氏による論文です。株式市場にNEMブロックチェーン技術を用いた場合について書かれています。

当時、彼はこの件に関して次のようにも言っていました。


(2250sat=2017年4月18日頃のXEMBTC価格)

一体どのような内容だったのか、日本語で見てみましょう。まずは概要、最後に論文をPDFにしていますのでダウンロードして自由にご覧下さい。

株式市場の現状の改革

株式市場の現状を改革する試みは、証券の取引方法においてパラダイムシフトを行うという点で、規制当局や株式市場にとって示唆に富んだものです。そのためには、市場の徹底的な刷新を行い、中央集権的なマルチ台帳システムを使いつつも、それを分散型ブロックチェーンのネットワークシステムの中で運営する必要があります。

この26ページ(和訳20ページ)のペーパーの中で提案するシステムとソリューションは、NENブロックチェーン技術を使うことによる、アセットの完全なる分散化を求めます。また、仲介機関の排除と、株式市場のエコシステムにおける仲介システムの再構築を迫ります。

株式市場と証券業界は概して、すべてのトランザクションの記録を保存するために、多数の台帳を使用する産業です。業界を非効率なものにしている主要な問題点は、こうしたトランザクションをすべての台帳間で調停する必要性と、最終段階における支払いと決済プロセスです。

このペーパーは暗号通貨取引所が現在利用している、実証済みのプロセスの拡張を試みるものです。しかし、これまで、その技術は長い歴史をもつ従来型の市場には応用されてきませんでした。従来型の市場は数十億ドル規模の産業であり、諺にもあるように「壊れていないなら直す必要はない」という態度をとっています。しかし、3日もかかってしまう決済期間を改善せよという圧力は強まっています。現在の仕組みは非常に複雑なため、プロセスの完全な改革を行わなくては変えることはできません。

このペーパーは、NEMブロックチェーン技術を使うことで、どのようにして、そうした改革を徹底的に実行することができるのかを詳細に説明しています。さらには、NEMブロックチェーンを使うことで、高頻度の取引や取引量の問題がいかに簡単に解決可能かについても扱っています。

この革命的なアプローチはその一環として、ブローカー会社、証券保管機関、そして株式登録機関をシステムから排除します。CSDは預金資産の受託機関としてだけではなく、ブロックチェーンシステムの管理者としての役割も負う必要も生まれてくるかもしれません。

このペーパーが提案しようとしているものは、長年居座ってきた古臭い伝統を打破できるかもしれない変革のプロセスなのです。

原文:Radicalizing the Equity Market Landscape

 - NEM(ネム)

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。