2016/4/1チャート分析/ビットコイン見通しと現状

 最終更新日2016/05/11    閲覧数463回   この記事は 約2分 で読めます。

20160401_BTCUSDDaily

BTCUSDの日足チャートです。

BTCJPYよりも流動性が高く、BTCJPYとは相関関係もあり、過去データの量も多いのでドルストレートで分析しています。

大枠ではアップトレンド継続中ですが、三角持ち合いも継続中。

この4日間は日足サポートラインが効いており、なんとか下方ブレイクアウトさせじと持ちこたえているような状況です(四角枠部分)

どちらかといえば、ロンガーには嫌な感じ。

3/16に買いシグナルが確定していますが、逆張り的には売りシグナルも確定している状況でもあるので、日足サポートを終値で割ればさっさと損切した方がよさそうです。

4月中に大きめのポジティブ要因となるネタが飛び出すのでしょうか、それを待っているような感じもしてきます。

日足レジスタンスをブレイクアウトすると、次のターゲットは460ドル(1ドル=112円なら51,520円)となりそうです。

・青丸→買いシグナル(新規買い)
・赤丸→売りシグナル(買いの決済)

気になる概況情報メモ

日本の取引所は証券会社などと連携を強めるとか、メディアに露出を高めるなどして啓蒙活動をもっと行うべきだと思います。

法規制により整備された後に注目を集める取引所は、今から一般目線でオープンな活動をしているところになると思います。

投資銀行であり、かつ、運用会社であるNeedham&Companyはビットコインの値動きに対して違う見方をしています。ビットコインは現在価格を元に算出すると、58%過小評価されているという報告を発表しました。
この運用会社は、ビットコインのフェアバリューは655米ドル、おおよそ73,500円であると評価しています。

そのレポートは、「安定した資産であるとは思えない」と考えている多くの批評的な専門家に一石を投じています。Needham&Companyはビットコインが電子ゴールドになぞらえることが出来ると確信しており、ビットコインを決済手段としても有効であると分析しています。

この詳しい概況はbitFlyerのBTC Newsで!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 - チャート分析

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。