過去最高66,233 OBITSが焼却、3回目のBuy-backで

 最終更新日2016/05/11    閲覧数674回   この記事は 約1分 で読めます。

contents-top_image_00037

2016年4月2日、分散型取引所OpenLedger(オープンレジャー)の基軸通貨であるObits(オービッツ)は3回目のbuy-back(買戻し)を行い、66,233 OBITSがburnにより消滅しました。

insert_image_00084※1,424,961 mln BTSのmln(million)は間違いw

詳細は「April: OBITS BUYBACK with 1 584 362 BTS = 21.4 BTC. Congrats」で確認してください。

プライス遷移

3/28に11.39円を付けていたOBITS/JPYレートは、buy-backを直前に控えた4/1には14.02円まで上昇し過去最高値を記録します。

その後、利益確定売りなども絡んだのでしょうか、プライスは落ち着いて12~13円で推移しています。
insert_image_00083

OBITS残数が減る→価値上昇→プライス上昇、という理論的な期待値はこれまで現実のものになってきました。

これまで合計3度のbuy-backで消滅したOBITSは、166,803となりました。

総供給量18,276,898のうち、0.9%ほど消滅し、18,110,095となっています。

毎月行われるbuy-backは、OpenLedger利用者が拡大し、取引が活発になるほどObitsホルダーにとっては魅力的なものになります。

次回、第4回目は?

次回、5月2日に予定される4回目のbuy-backは注目です。

OpenLedgerプロジェクトである、分散型広告ネットワークのBitTeaserのアセットBTSRのクラウドセールが終了し、BTSR最初のbuy-backも実行されるからです。

残り半分以下!オービッツ(Obits)が100万OBITS限定で販売中!

※レートはCoinGecko調べ

 - 仮想通貨ニュース / トピックス ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。