熊本地震被災者支援にビットコインで寄付を~coincheck

 最終更新日2016/05/11    閲覧数1,151回   この記事は 約2分 で読めます。

2016_insert_image_000004

coincheckは当初より支援が必要な方々へのビットコインによる寄付を募っていますが、今回の熊本地震に対する緊急支援募金の受付も始まっています。

画像は2016.4.16 12:20現在のもの。
2016_insert_image_000005
【ビットコイン寄付】熊本地震被災者支援~coincheck

支援プロジェクトの本文より引用

以下引用ですが、16日深夜1時に発生した方が本震で14日の約16倍の規模、1995年の阪神大震災と同規模だそうです。残念ながら死傷者の数はさらに増えており、建物の倒壊、橋の崩壊など被害が大きくなっています。16日夜には天候が崩れる予報で、土砂災害などでさらに被害が拡大する不安が高まっています。今回の地震で阿蘇山(活火山)には影響がない模様です。また、震源が大分方面に移動していることも不安です。

熊本県で14日午後9時半頃に発生した震度7の地震を受け、coincheckは被災者支援活動のため緊急ビットコイン寄付の受付を開始しました。政府によると、午前5時、現在、この地震で少なくとも9人が死亡し、熊本県内の負傷者は860人に上る。県内約500カ所に一時約4万4400人が避難したという。(※1)。coincheck基金では、本災害の緊急救援活動、被災地復旧支援ならびに被災者支援、生活支援、復興支援を目的に緊急支援募金の受付を開始しました。 寄付金に関しましては、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)へ寄付いたします。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して支援活動を行うNGO (Non-Governmental Organization = 非政府組織)です。 (http://peace-winds.org/news/emergency/9577)

BTC送付アドレス

1Pu73sEiRwYN9jby9EftLii5b9Mgi21XnT

※アドレスが変更になったり、寄付受付が終了している場合がありますので、念のためcoincheckで確認してください。

震源地から遠く離れた福岡でも多発するスマホの緊急地震速報に怯え余震にかまえている状況です。これほど体感できる揺れが連発するのは生まれてはじめてのことです。

 - 仮想通貨ニュース / トピックス

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。