ビットコインは自分の経済的な自由を取り戻す機会である!

 最終更新日2017/01/06    閲覧数362回   この記事は 約2分 で読めます。

2016_insert_image_000295

本記事が2016年最後の和訳記事になります!

この記事は、米上院と米国上院の両委員会の元弁護士を務め、2014年にBitcoin財団のグローバル政策顧問を務めた、Cato InstituteのシニアフェローのJim Harper氏に向けて書かれたものです。

同氏がこの記事(英語)で述べた、

「2016年は、ビットコインの年ではなかった年であり、その重要性、使用方法、価格の継続的な伸びは信念の縮小である。今年は正面と中心にある社会資本の不足が、ビットコインと暗号侵害が真の可能性に達するまでに数年ではなく数十年になる可能性があることを示唆しています」

などといった意見に投げかけられた反論的かつポジティブな記事です。

では、ちょっと読んでみましょう。

なぜJim Harperはビットコインについて見当違いをしているのか?

革新的な技術や考えが軌道に乗るには時間がかかります。新しい世界規模の分散型のデジタル通貨のようなものでは、なおさらです。2017年の1月で、最初のビットコインがマイニングされてから8年が経ちます。金融のシステムにおいては、8年は長い年月ではありません。

8年間の上り坂

この8年間を振り返って、ビットコインがどのようにして今日まで、もっとも破壊的なフィンテックへと発展してきたかを考える際に、ビットコインがその初日から上り坂に直面してきたという事実を認識しておくことが重要です。

おそらく、Coindeskに掲載されたJim Harperの意見記事を読み、ビットコインの今日までの発展のあり方について、少し不安に思った人もいるのではないでしょうか。今年の初めのころ、Bitcoin.comは『Top Ten Moments in Bitcoin(ビットコインの重大事件トップ10)』という動画を編集して完成させました。3分間その動画を見てみれば、ビットコインが下降傾向にあるのではなく、むしろ絶えず新しい高みに向かって進んでいるということがわかるでしょう。

 - 和訳

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。