フィスコが4月にビットコイン取引所「フィスコ・コイン」設立

 最終更新日2016/05/11    閲覧数1,533回   この記事は 約1分 で読めます。

contents-top_image_00021

金融情報サービスの株式会社フィスコが、ビットコイン取引所運営会社「株式会社フィスコ・コイン」を2016年4月に設立することを発表しました。

プレスリリースによると、

先般、ビットコインといった仮想通貨の規制などを盛り込んだ法律の改正案が閣議決定されました。法改正で仮想通貨が「貨幣」の機能を持つと認定されることで、決済手段や法定通貨との交換に使えることが正式に位置付けられます。

仮想通貨はこれまで政府内に監督官庁が存在しておらず「モノ」として取り扱われておりましたが、今後は金融庁が監督官庁となり、その取引所は登録制に移行し、ますます法整備が進むことによって、業界全体が大きく成長すると考えております。

このような状況を鑑み、当社ではビットコイン取引所の運営会社設立を決議いたしました。

とのこと。

事業内容は、
●ビットコインやアルトコインなど仮想通貨の取引所運営
●仮想通貨の仲介・ファイナンス
●仮想通貨を利用した金融派生商品の開発/運営
●仮想通貨の取引所運営に関するシステムの開発/販売及びコンサルティング
●その他の仮想通貨の一般サービス
といったものです。

詳しくは「株式会社フィスコ・コインの設立に関するお知らせ(PDF)」にて。

株式会社フィスコ・コイン
大阪府岸和田市荒木町二丁目18番15号
代表取締役:俵健太郎

 - 仮想通貨ニュース / トピックス

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。