自動運転車はどのように保険業界に変革をもたらすか

 最終更新日2017/02/11    閲覧数82回   この記事は 約3分 で読めます。

2017_insert_image_000054

今回はちょっと趣向を変えまして、自動運転に関するお話。

AIといえば、ロボット、フィンテック、自動運転なんかが大きな分野になると思いますが、自動運転が一般的になってくると自動車保険も変わってくるはずです。

走行距離とか事故記録などをブロックチェーンに刻んで最適な保険を選択するとか。しかしそもそも、自動運転で事故が極端に減るなら保険も不要になってくと僕は考えます。

そうすると、保険会社はやってられなくなるのでハッカーを陰で雇ってちょいちょい事故を…(笑)

自動運転化されたレンタカーや公共の乗り物の場合だと、保険よりもリース契約とか乗客の乗車記録と運賃とかでスマートコントラクトがフル活用されるようになった時代を想像するとワクワクします。

(人型ロボットが動かす人力車とか作ったらどうなるんだろう笑)

さて、保険業界はどう変わると考えてるのか、和訳記事を読んでみましょう。

自動運転車はどのように保険業界に変革をもたらすか

たいていの人にとっては、自動運転車は夢のような話です。手を使わずに運転ができるのであれば、空き時間が増え、快適な通勤と交通事故の大幅な減少が期待できます。これが魅力的な未来像であることは誰も否定はしないでしょうが、保険業界は自動運転車についてよい印象を持っていないようです。それどころか不安にさえ思っています。

保険会社は現在大慌てで、人間が自動車事故を起こさない世の中に向けて準備を進めています。多くの専門家が、2030年までには自動運転車が主流になると考えています。保険会社はそれまでのほんのわずかな時間で、自動車保険に対する私たちの考え方を変えなければならないのです。以下の項目は、もっとも変化が大きいと予想される分野です。

責任の所在

自動車事故が起こり、とはいえ人間がその車を運転していなかった場合、誰の責任になるのでしょうか?

これこそが保険会社の直面している疑問であり、それに対する有力な答えが彼らを悩ませているのです。そのような事故が起こった場合には、人々はおそらく車の製造会社の責任を追及するでしょう。製造会社は論理的には、自身の製品の製造に対して責任があるからです。しかし、このことは深刻な問題を引き起こします。

製造会社が製造した一台一台のすべての車に対して責任を負うのであれば、訴訟のリスクが大幅に上昇します。訴訟には費用がかかります。したがって、そのような状況下では、製造会社は倒産するのを避けるために、自動運転車の製造を敬遠する可能性があります。

このような事態を改善するために、ランド研究所は無過失システムを提案しました。このシステムにより、製造会社が問題の原因となる製品の製造を中止するような事態になることなく、被害者が補償されることになります。

 - クリプトシグナル, 和訳

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2016年でFX歴7年目、独立して6年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。