デジタル通貨はブロックチェーン技術の1つの表層にすぎない

 最終更新日2017/10/04    閲覧数957回   この記事は 約2分 で読めます。

2017_insert_image_000366

前回のSingularXの発表の和訳記事に続いて、SingularDTVのCEOへのインタビューがありましたので和訳しました。

読んでみましょう!

デジタル通貨はブロックチェーン技術の1つの表層にすぎない

SingularDTVのCEOはSNGXトークンと主要なアプリケーションのロールアウトについて語っています。さらにブロックチェーンコミュニティに向けて、含蓄のある提言をしています。

SingularDTVアプリケーションの SingularXとSNGXが最近発表されました。SingularDTVのアプリケーションの第一陣もリリース前の最終段階にあります。世界はブロックチェーンの次世代における将来性に気が付きつつあります。

こうした状況を踏まえて、私たちはSingularDTVのZach LeBeau氏を囲んで、SingularDTVの舞台裏、デジタル通貨業界における思考の方法、さらにエンターテイメント産業に今後起こる出来事について、お話を伺いました。

SNGXトークンとSingularXが、SingularDTVのユーザーとSNGLSのホルダーの価値を還元するという仕組みは、前代未聞のアイディア

私が思うに、誰もが中央集権的なビジネス構造に慣れてしまっています。そうした構造内では、特に資本主義的な精神性が原因で、一方が勝者となり、もう一方が敗者となることが当たり前となっています

。まさに、このようなモデルが数世紀も存続しているのです。しかし、分散型の構造を採用すれば、もはやこのような事態にはなりません。来年か再来年のうちに、ますます多くの人々が、私たちは全員が利益を得ることが可能で、そのことを可能にする仕組みこそがトークン化であるということに気が付くでしょう。

私たちが現在おかれている投機的な暗号通貨の世界では、誰もが利益を求めてコインやトークンの値動きに注目しています。しかし、暗号通貨が合法のものとみなされ、ブロックチェーン上に実用的なアプリケーションが登場する時代が近づいています。

それによって、私たちの価値についての根本的な考え方や、ブロックチェーン技術から私たち全員が利益を得る仕組みが変わることになるでしょう。私たちがOMGトークンをエアドロップすることや、SNGXが稼働する仕組みを発表する際に、人々が「えっ?」と聞き返してきても驚きはしません。

「君たちは僕にただでモノをくれるっていうのかい?」と思うでしょう。その答えは基本的にはYESです。そのようにして私たちは持続可能な分散型エコノミーを発展させていくのです。

 - DApps, 和訳 ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。