もうすぐ1周忌!The DAOはイーサリアムに起こった最高の出来事だったのか?そして、再びThe DAOを起こすことはできるのか?

 最終更新日2017/06/01    閲覧数1,956回   この記事は 約2分 で読めます。

2017_insert_image_000202

The DAOがハックされたあの忌まわしき日(2016.6.17)からもうそろそろ1年になろうとしています。

The DAOに魅せられて追い続けていた身としてはとても残念な事件でしたが、その痛みがあってこその今のイーサリアムの成長であるのは間違いないと思ってます。

もしThe DAOがイーサリアムのコミュニティがバックにない単独プロジェクトだったら、ただ死んだだけでハッカーウハウハ、投資家ゲッソリ、外野のみなさん「仮想通貨ってやっぱり危ないだけの世界だね!」で終わってたかもなと思いますので。

当時の界隈の状況を見ていていろいろな気付きもあり、その喧騒の中である意味「鍛えられた」ことも収穫だったと思っています(笑)

さて、そんなこの時期に丁度良い記事がありましたので和訳しました。

The DAOはイーサリアムに起こった最高の出来事だったのか?そして、再びThe DAOを起こすことはできるのか?

昨年夏、人間の歴史上初めて、約2億5000万ドルものお金が盗まれました。その後コードをアップグレードしただけで、窃盗は防がれ、お金は正当な所有者の元へと返金されました。

その当時、イーサリアムが被害者をまとめて救済することを決定すれば、イーサリアムは終わりだと言う人もいました。そしてまだ一年も経っていない今、実際には、市場は通貨とプラットフォームは、The DAO以前のピークの約5倍もの価値があると評価しています。

一方で、いわゆるイミュータブルなETCチェーンは、市場において、ETHがハードフォークを行った後に記録した最安値をわずかに上回る程度の価値しか持っていません(2017.5.13現在)
(※イミュータブルとは、作成後にその状態を変更することのできないことを意味します)

では、イーサリアムを批判していた人々は間違っていたのでしょうか?

The DAOは実際には、これまでイーサリアムに起こった最高の出来事だったのでしょうか?

市場はそう考えているようです。おそらくは、2億5000万ドルがかかっている非常に重要な問題について、素早く現実的な判断を下した分別のあるコミュニティを、信頼して協力するに値するものと評価しているようです。

もっとも例外的な状況、かつその適用が容易な場合にのみ発動する、フェイルセーフの仕組みを市場が評価しているのは明かです。市場はおそらく、その一つの過ちで2億5000万ドルが失われるべきではないと考えているのです。

 - The DAO, クリプトシグナル, 和訳

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。