ICOのアドバンテージを利用する~暗号通貨への投資 / ウォーレン・バフェットスタイル2

 最終更新日2017/06/22    閲覧数627回   この記事は 約1分 で読めます。

2017_insert_image_000222

バフェットのスタイルを暗号通貨投資に生かすにはどう考え行動すべきだろうか?という、ちょっとおもしろいことを書いてる人がいたので和訳してみました。その第2弾です。

ICOのアドバンテージを利用する~暗号通貨への投資 / ウォーレン・バフェットスタイル2

ウォーレン・バフェットスタイルで暗号通貨へ投資を行うことは、それほど難しいことではありません。そのスタイルは、次の一文に要約することができます。

「暗号通貨に投資を行う際は、賢い質問をして、研究を行い、長期間ホールドせよ」

この一文の「賢い質問をする」という箇所が、投資の成功を左右します。私が暗号通貨に投資を行う前にする4つの質問の一つに、「そのトークンに投資をすることによって何か利益があるか?」というものがあります。ICOを題材として、この点について少し掘り下げてみましょう。

ICOとは暗号通貨プロジェクトが資金を調達する方法のことです。Kickstarterの場合と同様に、対象の企業はある期間中にコインを販売します。一般的には資金調達には上限額が設けられています。例えば、あるコインが6月1日から6月14日の期間でICOを行うとして、資金調達は1500万ドルの上限に達した時点で終了します。コイン販売によって資金の調達が達成できたため、その企業は本格的に活動を開始することができます。

 - クリプトシグナル, トレードと投資, 和訳 ,

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやNEM、イーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2017年でFX歴8年目、独立して7年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。