ZaifでXEMJPYの取り扱いが始まる

      2016/11/05    閲覧数2,172回   この記事は 約2分 で読めます。

2016_insert_image_000157

これまでXEMを売買するには主にPoloniex(米国)を利用するくらいしかなく、国内ユーザーにとってはそれがひとつの不安材料と考える人もいるようですが、もうその心配はなくなりそうです。

Zaif(運営会社:テックビューロ)が本日、2016年7月1日にXEMJPY(NEM)の取り扱いを開始しました。

2016_insert_image_000158

いま日本国内からもっとも熱気が伝わってくるクリプトなので、これを機にビットコインもいいけどNEM(ネム)トレードも検討してみてはいかがでしょうか?まだ安値圏内ですし。

週末金曜夕方のリリースとあって、さあ買うぞ!と日本円を入金しても反映されるのは来週になると思いますのでガマンが必要です。もしかしたら金土日のバズ大量発生による拡散とかも狙った意図的なリリースタイミング?とか勘ぐりましたが、あんま関係ないかも。

NEMについてもっと知りたくなったら、ここからたどっていくと詳しい情報をキャッチできます。深入りしてじっくり知っていきたいなら、「NEMとmijinとXEMの話題を総まとめ」をオススメします。

個人的にNEMには、PoI(Proof of Importance)の考え、マイニングではなくハーベスティングという表現、mijinのスマート・コントラクト対応(予定では2016年)、TheDAOで夢見たIoTの分野への期待、とかに注目してますが、まだかなり勉強不足です。

期間的にはざっと今後5年くらいでしょうか?長期派にはそのくらいの"握力(=マネージメント+マインドコントロール)"が必要かもしれませんが、相場では何が起こるかわからない(ザダオ…)ので楽観視しすぎないのもオススメします。

NEMは日本語情報が満載なので、詳しいことはわからなくとも、テックビューロ / Mijin / NEMという関係を知るだけでも応援や期待をしてしまうかもしれませんが、この週末でNEMへの期待がムクムク膨らんでしまっても責任は負いませんw

 - NEM(ネム), 仮想通貨ニュース / トピックス , ,

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2016年でFX歴7年目、独立して6年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。