ツークはスイスの"クリプトバレー"

 最終更新日2017/03/06    閲覧数130回   この記事は 約2分 で読めます。

2017_insert_image_000081

シリコンバレーではなく暗号通貨/仮想通貨界隈にはクリプトバレーと呼ばれる地がスイスにあるそうな。

ツーク(Zug)は、スイスのツーク州の基礎自治体 ( アインヴォーナーゲマインデ)で、同州の州都。人口は2015年時点で2万9256人。住民のほとんどはローマ・カトリック教徒、またドイツ語圏だそう。

これといった情報がなかったのですが、名物はツガー・キルシュトルテ(Zuger Kirschtorte)というレイヤーケーキだそう。ナッツ入りのメレンゲ生地とスポンジ生地をキルシュワッサーというさくらんぼのブランデー入りのバタークリームで重ね、アーモンドで飾ったものがあるという事実は判明しました(どうでもいい)

2017_insert_image_000082

また、こういうことも。

スイスで最も面積の小さい州、ツーク州は税率が驚くほど低く政治的にも安定し、生活水準が高い。そのため、居住や仕事をする地域としてはスイスで最も魅力的な州の一つだ。~「素敵で清潔な」スイスの税金天国、ツーク州

そこが紹介された記事がありましたので日本語で読んでみましょう。

ツークはスイスの"クリプトバレー"

ツークはスイスにあり、その自治体のフィンテックを歓迎する事業や、寛容な法と規制によって、クリプトバレーとして知られるようになった地域です。

伝えられているところによると、その名称は(ダジャレのつもりで)Ethereumの共同創立者であるMihai Alisieが考えたものだそうです。Ethereum財団の本部はツークにあり、その他にも多くのフィンテック企業がその地に拠点を置いています。それだけ多くのスタートアップやテクノロジー企業がツークに拠点を構えているのには数多くの理由があり、十分に考えられたことなのです。

ツークは常にクリプトバレーという名前に恥じない努力をしてきました。スタートアップ企業が自分たちで状況を良くしようと試みているだけでなく、ツーク全体のエコシステムがイノベーションを促進し、他の都市や国にはない好機を提供してくれているのです。

 - クリプトシグナル, 和訳

  著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2016年でFX歴7年目、独立して6年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。