観光産業主導による、タイでのビットコイン普及~パタヤビヤガーデン/タイ

 最終更新日2017/05/11    閲覧数858回   この記事は 約2分 で読めます。

2017_insert_image_000182

観光産業主導による、タイでのビットコイン普及~パタヤビヤガーデン/タイ

ビットコインのスケーリングに関する議論は、ある企業にとっては特に影響力に強い問題です。しかし、ビットコインの価格がそうした議論に反応して変動するのを注視している実社会の企業の中で、観光客のホットスポットであるパヤタビアガーデンほどのビットコイン量を保有しているものはほとんど存在しません。Bitcoin.comがタイでの普及のトレンドをPeter Noidと議論しました。Noidはバンコク南東のリゾート地であるパタヤで営業している人気の高いレストランバーのオーナーです。

タイのパタヤビヤガーデンではビットコインが利用可能

400人を収容でき、一日に約2000人が訪れる人気店であるパタヤビアガーデンは、タイ政府が観光産業の働きかけに応じ、自国でのビットコインの普及について緩和を行った2014年の初頭に、ビットコインの受付を開始しました。「私はビットコインの早くからの支持者です。」とNoidは語りました。「タイ政府が、ビットコインは違法ではないと発表した後すぐに、私たちは受付を始めました。

2013年に、タイ中央銀行はタイでのビットコインの使用を違法であると宣言しました。しかし、2014年の初頭にその見解を変え、違法ではないとしていました。しかし、タイ国内でビットコインを購入し、それを国外で販売する行為は厳しく規制されているのだとNoidは説明しました。

ビットコインに対する姿勢が変わったことで、「私たちはビットコインの受付を開始することができました。」と彼は振り返ります。タイ国内でビットコインについての公式の法律は存在しないものの、中央銀行の見解が尊重されるため、アーリーアダプターたちは堂々と活動することはできませんでした。

ビットコイン普及のためのインフラは整備されたものの、小売店は今日に至るまで慎重なままです。「タイには、潤沢な流動性を持つ素晴らしい地元の取引所が多く存在し、インフラは整っています」とNoidは言いました。しかし、「商店での普及率は非常に低いです。パタヤで数店舗が導入し、バンコクではもう少しだけ普及が進んでいます。」と彼は付け加えました。

 - 和訳, クリプトシグナル , ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。