ブロックチェーンと新しいレインメーカーたち(前編)

 最終更新日2016/12/23 公開日2016/12/23    この記事は 約1分 で読めます。

2016_insert_image_000291

世界が着々と変わってるんだな…と実感できそうで、投資あるいはビジネスをする身として読むと、自分はなんと良いタイミングでこの世界に関わっているんだろうかという幸運さをも感じてくるかもしれません。

長編ぎみの読み物です。前編と後編2回に分けてお届けします。

ブロックチェーンと新しいレインメーカーたち

レインメーカーとは「新規のビジネスを考えだし、まるで魔法のような手法でそれを成功させてしまう人(魔法のように見えるのはそのビジネスの仕組みが一見しただけでは分からないため)。その新しいビジネスの発想により、さらに多くのビジネスとキャッシュフローが生まれる」ということ。

次の10年から数10年後にもっとも大きな影響を持つ技術の一つは、人々が予想だにしないものとなります。それはビッグデータ、ソーシャルメディア、ロボット工学や人工知能ではありません。実はその技術はかなりのスローペースでありながらも、私たちの日常生活の中に浸透しつつあるものなのです。それはビットコインのような暗号通貨が基盤として使用している技術、つまりブロックチェーンのことです。

 - 和訳, クリプトシグナル

  著者プロフィール