NEMのコアデベロッパーBloody Rookie氏へのインタビュー

 最終更新日2018/04/21 公開日2018/04/21    この記事は 約6分 で読めます。

以下、前回のJaguar0625氏に続き、貴重なコアデベロッパーへのインタビュー。その和訳です(まずはアレクサンドラの言葉から)

NEMの広報担当グローバルディレクターであるAlexandra Tinsmanによる、Catapult (mijin v.2)のプレビューベータ版のローンチ特集の一環として行われたものです。

自分の仲間を見つけることで人生は豊かになります。私たちの多くと同様に、私が最初にNEMに出会ったのは投資家としてでした。私も夫もゲームデザイナーで、ボードゲームで得たロイヤルティを他の投資プラットフォーム(金、銀、株式市場など)へと投資をする方法を模索していました。

最初に私たちは、低価格で2015年以前に発行された、市場総額の大きいアルトコインに目を付けました。XEMは条件を満たした数少ないコインのうちの1つでした。その後に私たちの関心はシフトし、NEMをプラットフォームとブロックチェーン技術の開発という観点から見るようになりました。

NEMが機能性、ユースケース、スケーラビリティの点で業界をリードすることになると私たちが確信できたのは、この調査を通じてのことでした。しかし、私にとってのターニングポイントは、NEMの温かいコミュニティでした。私が投資家に留まらず、積極的にNEMコミュニティに対するコントリビューターになろうと決意したのは、それが私の個人的な目標と方向性が一致し、私がNEMプラットフォームの可能性を信じていたからです。

コミュニティメンバーが素晴らしく、有意義な会話が発展するストレスフリーの環境を維持するために努力をしていたことは言うまでもありません。もちろん、私にとって決め手となったのは、開発者たちでした。私はNEM発足からの様々なフォーラムの投稿を読みました。NEMの開発者は他とは違っていました。親しみがあり、洞察にあふれ、インスピレーションを与えてくれました。

彼らはフォーラムやチャットグループにも積極的に参加していました。彼らの専門知識のおかげで、私は現在のようなNEMコミュニティのコントリビューターとなることができました。そのため、NEMの発足当初からの開発者であるBloody Rookie氏へのインタビューを皆さんに今週お届けできることは、私にとって大変喜ばしいことなのです。
~Alexandra

開発チームでのあなたの役割を教えてください。

私は発足当初からチームに在籍しています。2014年から2015年にかけて、NEMのインフラサーバーのメインの開発者の1人として活動しました。それ以降、私はCatapult の開発を行う3人のC++開発者の1人となっています。

私はCatapultの新機能について議論するだけでなく、コーディングに加えて、多くの時間をかけて、gimreとjaguar0625が書いたコードの検証も行っています。

開発者たちがプロジェクトにNEMを採用する利点とは何でしょうか?

NEMのAPIは使いやすいものだと私は考えています。REST APIによるアプローチを経験したことのある開発者は多くいます。さらに、私たちのコーダーであるQuantum_Mechanics、Aleix、Guillem、Kaillinがコーディングに関するサポートを行うライブラリを提供してきました。

あなたの考える、NEMテクノロジーが他のブロックチェーンと比べて優れている点とは何ですか?

NISにはすでにマルチチグ、ネームスペース、モザイクといった素晴らしい機能が備わっています。数回クリックするだけで、NEMブロックチェーンで独自のコインを発行することができます。

Catapultの導入によって、私たちはカスケード化したマルチシグやアグリゲートトランザクションなどのさらなる機能を追加しました。

後者を使うことで複数のトランザクションをバンドルすることが可能で、そうしたトランザクションはアトミックに(非可分に)実行されることが保証されます。つまり、トランザクションのすべてが実行されるか、すべてが実行されないかの二者択一です。

この機能によって、アトミックスワップや、トランザクション手数料を支払うためのXEMを持たずにモザイクの送信が可能になるサービスといった、様々なアプリケーションが実現されます。さらに、私たちはNISをいくつかの要素に分割しました。

新しいブロックの生成を担うピアツーピアサーバー、データベースを配信し、そしてデータベースそのものでもあるapiサーバーなど、すべての構成要素を個別のサーバー上に置くことが可能で、それによってそれぞれの部分を個別にスケーリングすることができます。

Catapultは数多くのユーザーテストを行ってきました。ユーザーからのフィードバックをどのように製品に組み込みつもりですか?

それはフィードバックの内容によります。

バグの報告の場合、私たちはそれがバグかどうか検証し、それを修正しなければなりません。

ユーザーが新しい機能を要求しているのであれば、作業は大変なものになります。私たちは意向を聞くためにNEM財団にそれを転送するだけでなく、開発チーム内でその機能について徹底的に議論します(それが技術的に可能なものか、Catapultの他の動作の邪魔にならないかなど)。

この手続きには多くの時間がかかることがあります。最終的に承認されれば、私たちはCatapultの将来的なマイルストーンの中に、それをスケジュールとして組み込みます。

コミュニティはNEMの成功にどのように貢献できるでしょか?

私が思うに、主に3つの方法があると思います。

a) 議論に参加し、他の人が困っていたり問題を抱えている場合に手を差し伸べることで、NEMフォーラムに積極的に参加する。

b) NEMがより広く世間に認知される手助けをする。例えばブログ記事を書いたり、NEMブロックチェーンの機能を紹介する動画を作るなど。

c) NEMメインネットのブロックチェーンを使ってビジネスを立ち上げるか、NEMライブラリに貢献する。

残念なことに、コミュニティの中には上記のような活動を積極的に行うことなく、XEMの値上がりを期待してホールドしているだけのメンバーがあまりに多く存在します。

 - NEM(ネム)

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。