【解説】COMSAに追加された機能、コミュニティ投票とは何なのか?

 最終更新日2017/08/23    閲覧数2,952回   この記事は 約11分 で読めます。

2017_insert_image_000310

2017年8月3日のプロジェクト発表からわずか15日目、トークンセール参加のための事前登録者が5万人を超えてしまったCOMSAですが、先日新しい機能として「コミュニティ投票」というものの追加が発表されました。

コミュニティ投票とはいったいどのようなものなのでしょう?

COMSAのコミュニティ投票

コミュニティ投票とはどういうものなのか?

2017_insert_image_000311

ICO案件はテックビューロとICO協議会によって審査されるが、中には意欲的且つ信用に足りるにも関わらず、トークンの購入者に対して潜在的なリスクを含有するものがある。そのような場合には、COMSAはそれら候補となるICO案件をコミュニティ投票へと意思決定を昇格する。

「意欲的且つ信用に足りるにも関わらず、トークンの購入者に対して潜在的なリスクを含有するもの」とはどういうものなのでしょうか?

8月15日にテレグラム行われた投票機能に関するディスカッションで朝山氏は次のように説明しています。

『通常ICOといっても、たとえば規模が時価総額10億にも至らない場合、海外の取引所での上場も見込めず、流動性も限られ、トークンの価値向上が鈍化する恐れがあります。また、事業自体がチャレンジングで、有意義であるものの、トークン購入者のリスクが上がる場合もあります。』

ここで僕は、わかりやすい話だと例えば…

老舗パソコンメーカーが斬新なパン屋をするためにICOで資金調達をしたい!

というような件を想像しました(笑)

パソコン製造と販売で業績を伸ばして信用に足る企業が、新規事業でまさかのパン屋w なるほどチャレンジング!しかも全商品ゼロカロリーで有意義!みたいなプロジェクト…。

そのようなICO案件が上がってきた場合に、その可否をコミュニティ投票で決めようじゃないか、というものだと理解しています。

投票権

2017_insert_image_000312

CMSのトークン保有者はそれらICO案件に対して、COMSAにおいてそのICOを受け入れるかどうかを、一定Block Height(ブロックの高さ)におけるCMSトークンの保有数に応じて投票する権利を持つ。

「一定Block Height(ブロックの高さ)におけるCMSトークンの保有数」とは、例えば、2017年8月22日現在だとNEMのブロックは 1251707ブロックくらいになっています。

ある投票案件が1252000ブロックから開始されるとしたら、その時点でCMSトークンを例えば1,000なり1万なり10万CMS以上もってる人が投票権を得られる、という理解でいいと思います。

イーサリアム版CMS保有者の投票

Ethereum上のETH:CMS保有者に対しては、投票用コントラクトを作成し、投票用のトークンを指定したアドレスに送付させることによって投票権を与える。

これはたぶん、例えば10万CMS保有が条件であった場合、対象アカウントに10万CMSあたり1voteみたいな投票専用トークンが渡され、それで投票に参加するといった形ではないかと思います。

NEM版CMS保有者の投票

2017_insert_image_000318(COMSAホワイトペーパーRev.1.1より)

NEMブロックチェーンでは投票は至って容易である。NEMからオープンソース提供されているソフトウェアNanowalletには、既に公式の投票モジュールが用意されている。NEM:CMS保有者は、ウォレットから直接ICO案件への投票が可能となる。

同投票モジュールを使った最初の投票企画とししてLuxtagというNEMプロジェクトの資金調達に関する投票が行われたのですが、その際はPoI投票という形で行われました。

NEMにはPoIといって、XEMの保有残高やネットワーク貢献度などからアカウントの重要度を表す数値があり、その数値が高い人(アカウント)ほど票の重みがあるようにしたものがそれです。

COMSA内での企業ICO可否のための投票が行われる場合、そのPoI投票がまるまる採用されるのか、単純に1アカウント1票とされるのかは今のところ不明です。

…と、これまでがコミュニティ投票が実施されるまでの流れになると思います。

けっこう重要だと思う投票率

2017_insert_image_000313

投票率があまりに低いと、一部の積極的なユーザーのみの賛成票で実は大きな潜在的欠陥のある企業ICOが決定してしまうかもしれません(もちろん、投票率が高ければそれを完全に防げるかといえば違いますが)

問題のあるICO実施が決まったとしても、(最低目標数に到達しないなどで)ICOそのものが失敗してしまうかもしれませんが、もし低投票率のせいでそういった空振り案件を連発してしまうICOプラットフォームになる恐れがあるなら、CMSの価値が下がる原因になるので避けていきたいと思いますがいかがでしょうか?

集団がより正しい選択をするには、できるだけ投票率を上げた方がいいに越したことはない、僕はそう思います。

TheDAOの記憶から

2017_insert_image_000314

分散型ファンドとして大きな期待が寄せられたプロジェクトThe DAOがハッキングされ死んでしまった件はすでに懐かしいですが、そうなってしまった原因に投票率の低さというものがありました。

プログラムに脆弱性があると確認された後、「問題が解決するまでTheDAOを停止させるか否か」のコミュニティ投票が行われました。確か賛成が優勢だったものの、最低投票率に達せずこの提案はボツになってしまったのです。

悲劇はコミュニティの無関心が招いてしまったといっても過言ではありません(DAOトークンの市場価格だけには関心あったかもしれませんが…)

さらに、プログラムの脆弱性を修正するにもコミュニティ投票が必要だったので、その準備段階のようなときにハッキングが起こってしまうという不運も重なった結果→ご臨終されました。

COMSAではそのように運営に危険が及んだ際やシステムアップデートの可否をコミュニティ投票に委ねるようなルールはありません。そこは勘違いしないようにしておいてください。

The DAOではコミュニティ投票を促進するための、参加メリット(インセンティブ)も、不参加デメリット(ペナルティ)もありませんでした(はず)。

多くはコミュニティの意思に委ねられていたのですが、それが良かったのか悪かったのかはちょっと難しい問題ではあります。

インセンティブは必要なのかどうか

2017_insert_image_000315

投票率を上げるために何かしらのご褒美(インセンティブ)は必要なのでしょうか?

はい、わかりません(笑)

COMSAテレグラムでのディスカッション内容を参照しながら考えてみます。

投票によって実行が決定した企業ICOに賛成票を投じた人に何かしらインセンティブがあるなら、多くの人がよく考えず「賛成」にばかり投じてしまうのではと思いますので、それはあまりよくないかなと思います。

それだと上場ゴールならぬICOゴールのプロジェクトが蔓延してしまいかねませんね。COMSAはICOを支援するプラットフォームなので、企業がICOで資金調達できれば一定の成功なのですが、投資家としてはそれ以降の企業の成果の方が何倍も重要なのですから。

また、「ICOが決定した企業に集まった資金の幾分かを賛成票に投じた人に還元する」といった仕組みが他のプロジェクトにあるらしいですが、そういったインセンティブだと有価証券のようになる可能性があり現段階では法的にも微妙ということ。

企業ICOトークンを持っていればプロジェクトの業績などによって毎月配当が得られ、賛成票を投じた人はさらに割り増しで配当が得られる…というようなものがあればまだいいのですが、これもモロに有価証券に値すると思われるのでナシ確実でしょう。

もう純粋に企業ICOの成功を祈り、企業ICOトークンの市場価格アップに期待する「インセンティブ」しかないのではないかと思います。あくまでも現時点の話で、実は何か隠し玉があるのかもしれませんが…。

投票を促進するには…

2017_insert_image_000317

ダイヤの原石のような企業ICOの要件が上がってきたとしても、もしかしたら投票権を有する多くのCMSホルダーは、それがどういったプロジェクトで、具体的にどうようなことを達成して、どういった形で社会貢献するものか飲み込めず、投資家利益もイメージすることができずに投票を見送る、あるいは反対票を投じることになるかもしれません。

そうなると、企業ICOへの目利きが重要になってくるでしょうか。

ICOゴールだけでなく、上場後に企業ICOトークンの市場価値が上がる可能性がいかほどのプロジェクトなのか、企業側がどこまで投資家利益を考えているのか、とかそういう目利き。

例えば、企業プロジェクトが1回開催されるだけのイベント企画だとすれば、イベントが大成功を収めたとしても企画終了後にはトークンの使い道が全くなくなり、市場価値はまたたくまに激落ちしてしまうかもしれません。

そのような簡単な見通しでも、有権者の中には見落としてしまう人がいるかもしれませんからね。

テレグラムでは、目利きスキル保持者(ICO鑑定士や一般協議員制度といった雰囲気)を中間に配置し、そういう立場の人々が呼びかけることで投票率は上がるのではないか?という意見がありました。

なるほど、そうなるとコミュニティに決定権が委ねられた、規模の小さな「スモールICO」もCOMSA内で実行可能になるのではないか?という感じで終えています。

最後に

2017_insert_image_000316

投票率のアップと成功するICOの見極め、これらはこれから形成されていくCOMSAコミュニティ全体にかかっていると思います。

COMSAに参加する人が傍観に徹するのではなく、なるべく多くコミュニティに参加(投票だけでも)することが、企業ICOトークンの価値向上、母体となるCMSトークンの価値向上、さらにその上のXEMやETHの価値向上に確実につながっていくことは意識していきたいと思います!

 - COMSA(コムサ), NEM(ネム) , ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。