Golemとは何か?そして投資対象として優れているか?

 最終更新日2017/08/20    閲覧数1,567回   この記事は 約4分 で読めます。

2017_insert_image_000307

ちょっと長いですが、和訳記事を読んでみましょう。Golemに対して新しい発見があると思います。

Golemとは何か?そして投資対象として優れているか?

Golemとは何か?

Golemとは、コンピューティングパワーの分散化に取り組んでいる革新的な技術です。

Golemはまだ発展途上ですが、今後成功した場合には、誰でもアクセス可能な分散型で世界規模のスーパーコンピューターとなります。現在は専属のプログラマーとエンジニアによって開発途中です、開発チームの全員がピアツーピアのソフトウェアとブロックチェーン工学について包括的な知識を持っています。

Golemの第一の目標とは、コンピューティングパワーをシェアできる経済環境、つまり民間の個人が使用料を払ってアセットやサービスを共有することのできるエコシステムを実現することです。前提としているのは、使用者が使用した分だけを支払うという仕組みです。例えば、壁に穴をあけるドリルが必要なのであれば、新品を買いに行くか、お隣さんから借りることもできます。もちろん、借りるという選択肢の方がはるかに経済的に妥当なものなので、望ましい行動といえます。

同様の原則がコンピューティングパワーにも当てはまります。今日私たちが直面している問題とは、機械学習や医学といった様々な分野で必要不可欠なものである、大規模なコンピューティングパワーが非常に高価で希少なものだということです。大規模なコンピューティングパワーが必要な組織や個人は、しばしば私的に使用するために高価なハードウェアを購入しています。これは多くの場合には適切な行動ですが、強力なハードウェアへの初期投資は負担が大きく、さらにそのハードウェアをその後も継続的に使用する可能性は低いため、ある意味ではお金の無駄遣いだといえます。

個人的に購入をするのではなく、インターネットを通じて強力なコンピュータをレンタルすることも可能ですが、それでも多くの費用がかかります。さらに、このコンピューティングパワーは中央集権的なものであり、そうしたサービスの中央集権化のせいで仕組みが複雑になり、権力乱用の可能性も生れます。彼らは中央に障害点を作ってしまっており、そのため攻撃を受けたりデータを損失する可能性があります。そして歴史上常にそうであったように、ユーザーデータの収集と販売は、どれほど倫理に反するものであろうとも、利益の出るビジネスモデルなのです。

Golemはコンピューティングパワーの再分配を目標としています。経済的な報酬によって動機づけされているため、貢献者たちは、ネットワークのユーザーによって割り当てられたタスクを実行することによって、「スペアCPUサイクル」をGolemに提供します。世界中のコンピュータが、アイドリングタイムを利用してGolemネットワークのために処理を行うことで、経済的な利益を獲得することができます。このような枠組みを採用すれば、コンピューティングリソースの全世界的なプールを安価に利用することが可能になります(そのコンピューティングパワーは今日利用可能なものとは比べものにならないほど強力です)。

Golemが成功すれば革命的なものとなるかもしれません。Golemは現在‘Brass Golem’というコードネームが付けられたアルファ版であり、BlenderのCGIレンダリングしか行うことができません。しかし、これは分散型コンピューティングパワーの実際的な使用例の一つを示しているだけに過ぎません。無名のアニメーターやデザイナーに向けて、Brass Golemは今日では2つに限られた方法、つまり不当に高額なクラウドベースのレンダリングサービスを使用するか、長時間をかけて自分のコンピュータがレンダリングを行うのを待つというものに加えて新しい選択肢を提供します。

 - 和訳, DApps

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。