NEMノースアメリカの紹介、近日中に公開されるNEMのアップデート、Blockfolio Signal Beta、そして国連イベントのハイライト

 最終更新日2018/07/04 公開日2018/07/04    この記事は 約15分 で読めます。


Inside NEM エピソード42の和訳です。

今回は素晴らしいニュースを報告します!NEMは北アメリカに新しく地域本部を作り、私がその代表となります。Blockfolio Signal Betaとの提携を発表したこともその1つです。また、私が最近訪問したUnited Nations for Blockchain for Impactのハイライトもご紹介します。~Alexandra

エピソード42 はじめに

今回は、NEM財団が北アメリカに地域本部を立ち上げることや、その件を主導する人物についてお話しします。さらに、私は人気の高い暗号通貨情報プロバイダーであるBlockfolioについてのニュースを紹介し、ニューヨークで私が国連イベントに参加した件について紹介します。

ようこそNEMノースアメリカ!


北アメリカは金融、保険、医療、製薬、サプライチェーン管理、Eスポーツを含むエンターテイメントなどの、世界的な産業の大部分を動かしています。そうした業界は、変更不可能で安全な方法でデータの正当性を認証し、その管理を行うコスト効率的な方法を必要としています。

そうした企業が今後の数年間で、ブロックチェーンを採用していく動きの中で、必要不可欠な役割を果たすのは間違いありません。

あなたが何らかのブロックチェーン展示会に参加したことがあるのであれば、大企業の多くがすでにブロックチェーンに取り組んでいることはご存知でしょう。問題なのは、どのブロックチェーンが企業向けの製品として最も広く使われることになるか、ということです。

NEMはそのレースにおいて大きなアドバンテージを持っています。最高の技術を持つNEMがその競争に勝てる理由は、私たちのプラットフォームはビジネス向けのプラグアンドプレイ式のもので、それによって企業や開発者が最も使いやすく、最も安全なブロックチェーンとなっているからです。

NEM財団は、私たちの提携パートナー、開発者、そして成長を続けるコミュニティにサポートを提供してくれる、大手のアメリカ企業との提携を発表する予定です。まだ何件か公表できないものもありますが、発表の準備が整い次第それを発表していく予定です。

今発表できるのは、私がNEMノースアメリカの地域代表を預かることになったということです。この取り組みの一環として、私たちはNEMノースアメリカ支社を新設し、テキサス州オースティンに地域本部を置きます。

私たちにはロサンゼルス、シアトル、ニューヨークにも提携パートナーがおり、そうした地域もNEM発展の足掛かりとすることができます。こうした活動を行っていたため、動画のリリース数を減らし、提携関係の仕事に取り組むために多くの出張をしていたのです。

この北アメリカの提携については今後数週間でより多くの情報が発表される予定です。

Blockfolio Signal BetaにNEMが登場


今日は北アメリカのパートナーの進展を発表することができて嬉しく思っています。Blockfolioは最高の暗号通貨ポートフォリオトラッカーの1つです。

今週のロールアウト後には、BlockfolioでNEMをフォローしているユーザーは、クリストフ(NEM財団暫定代表)からの週ごとの報告に加え、ニュースや製品アップデートなどのリアルタイム通知を受け取ることになります。Blockfolioのアプリ内でNEMのアップデートを知ることができるのです!


BlockfolioでXEMをフォローしている人物が、Catapultのプライベートチェーンが5月にオープンソースになった際にリアルタイム通知を受け取ることを想像してください。進展があれば、私たちはそうした重要な発表を行うことができます。それによってNEMだけでなくより幅広い暗号通貨コミュニティへの注目が集まり、参加者も増加することになります。

そして私たちからリクエストがあるたびに、Blockfolioは地域ごとの機能を追加し、ユーザーが世界のどこにいても、アップデートがそのユーザーの地域に応じて翻訳されることになります。

これは私たちのコミュニティにとって大きな契約です。というのも多くのNEMberたちが日本、フィリピンなどの東南アジアに居住しており、南アメリカやロシアでもその数は急速に増加しているからです。

ブロックチェーンの普及と実装は、今後数年間のうちに急速に加速し、それによって多くのチャンスが生まれるでしょう。NEMは、北アメリカのような地域に投資を行いつつBlockfolioなどの重要な提携パートナーを獲得し続けることで、現在そうしたチャンスを利用しつつあります。

BlockfolioはNEM関係のコミュニティをより良いものにするのに役立つでしょう。クリストフはNEMコミュニティ内での情報の流れをさらに改善したいと考えているようです。


彼は毎週金曜日に週刊のブログ記事をNEMフォーラムで新たに投稿し始めました。そこではNEM財団が行った重要な発表を紹介していきます。

私たちはコミュニティからのフィードバックに耳を傾け続けてきました。そして財団が簡潔な定期的アップデートをしないことに困惑とストレスを感じているという意見を耳にしました。クリストフはそうした重要な問題の解決に尽力し続けています。

国連のイベントの振り返り


今月の初め、私はニューヨークの国連に行き、Blockchain for Impactのイベントに参加してきました。彼らは政府や産業のリーダーを招待し、さらにブロックチェーンを検証し、共同で作り上げ、推進していくための技術について紹介しました。

その目標とは、現実世界の問題を解決することに特化し、社会に対する大規模でポジティブな影響を伴う取り組みを発足させることです。

私は光栄にもNEMチームとその技術の代表者として、NEMがいかにしてそうしたプログラムに価値を提供するのかを話しました。国連は、ブロックチェーンと分散型台帳技術を、2030年まで持続可能な進展に革命を起こし、それをサポートする手段として活用すると発表しました。

ブロックチェーンソリューションを検討している多くのリーダーたちと会談をした後、私はNEMが重要な貢献をすることができると確信しました。

ブロックチェーン産業の内側から見れば、暗号通貨や技術プラットフォーム間の競争はあまり盛んではないと感じるかもしれません。しかし、世界のリーダーたちと会うと、彼らのあらゆるニーズを耳にします。

無数の産業における技術的ソリューションへの需要はとてつもなく大きなものです。つまり私が言おうとしているのは、ブロックチェーンの潜在的な市場は、たいていの人々が理解しているよりもはるかに大きなものだということです。

国連のイベントで私が最も心に残った瞬間は、アメリカ下院議員であるDennis Kucinich氏のスピーチを聞いたときでした。

彼は次のように言ったのです。

「分散化により、社会、経済、政治的権力の分散が起こります。今こそが決定的に重要な瞬間で、私たちは新しい世界に対する態度を表明しなければなりません。私たちは社会的および経済的な現実を変革しつつあるのです。」

私はその意見に共感しました。皆さんも同じように感じていただければ嬉しいです。

私は数週間後に国連に戻り、持続可能な社会システムにブロックチェーンを活用するための取り組みを続けます。また続報をお知らせします。


最近のコミュニティプロポーザルをチェックするようにしてください。念のため趣旨を再確認しておきますが、NEMコミュニティファンドは、コミュニティにNEM関連のスタートアップ企業に出資をする投票を行ってもらい、彼らがビジネスを順調にスタートする支援を行うことで、NEMのエコシステムの発展を促進するために設立されました。


現在Brifsからの提案など、興味深いプロポーザルがいくつかあります。Brifsはギフトカードや他の価値貯蔵手段に向けたサービスや自由市場を提供するプロジェクトです(6月29日に可決)。今週の水曜日には、Brifs代表のCharlie Muir氏へのインタビューを投稿する予定です。必ずチェックして、彼らのプロポーザルに投票を行ってください。

北米ヘッド就任あいさつ

Alexが北アメリカ代表になったことを受けNEMフォーラムで挨拶を掲載したと彼女から連絡を受けましたので、その和訳もやりました。

私は現在(評議会と開発者たちの賛同を得て)、アメリカとカナダを含む北アメリカ地域の活動を積極的に主導しています。メキシコに関しては今後もPedro Gutierrezが代表を続けます。

過去数年間、私は、NEM財団、テックビューロ、そして特にJeff McDonald、Lon Wong、Kristof Van de Reck、Stephen Chiaらと共に、強力な提携関係を構築するために活動してきました。そのうちのいくつかは間もなく発表される予定です。

私はInside NEMシリーズ以外の活動も常に行ってきました。コミュニティは私のことをInside NEMの人として知っていますが、私の役割は当初から動画の投稿よりもはるかに重要なものでした。

私には20年以上にわたるソフトウェアアナリティクス、マーケティング、コミュニティ開発の経験があり、オンラインゲームを専門にしてきました。ポケモンオンラインやマジック:ザ・ギャザリングにおける世界初のトレード可能なデジタルアセットにも複数携わってきました。

Xboxやゲームデータ分析を行うスタートアップのRaptrに向けて製品のローンチを行ったことに加え、世界最高の売り上げを記録したPCゲームである、リーグ・オブ・レジェンドのローンチを主導してきたことはご存知の通りです。

オンラインゲーム業界とブロックチェーン/暗号通貨の世界には大きな類似点があります。ギルド、オンライン市場、ゲーミフィケーション(※)、デジタルアセットなどです。私のキャリアについてはLinkedInのページで詳細に紹介しています。

※ゲーミフィケーションとは、マーケティングの手法の一種で、ゲームが本来の目的ではないサービスにゲーム的要素を組み込むことで、ユーザーのモチベーションやロイヤリティを高めることである。

主なキャリア紹介
・20年以上にわたる、ソフトウェア、ハイテク分野、ゲーム、エンターテイメント、オンラインサービスのトップ企業における、消費者向け製品および企業向け製品のマーケティング経験
・20年以上にわたって、チームや集団においてリーダーシップを発揮してきた経験
・ブロックチェーン、モバイル、コンソール、ウェブ、Linux、PC、Macなどの分野で製品をローンチしてきた確かなキャリア
・男女問わず、8~50歳まで、アーリーアダプターから大衆向け市場まで、様々な層にマーケティングを行った経験
・シアトルのワシントン大学で人文科学の学士を取得

専門
・企業間、企業・顧客間のプロジェクトマネジメント
・暗号通貨およびブロックチェーンのマーケティング
・アプリ開発の戦略
・ビジネス開発および戦略的提携
・Go To Market戦略のローンチ、および計画のサポート
・イベントサポートのマネジメント
・提携パートナー/アカウント関係のマネジメント
・コンテンツ戦略
・動画作成+写真
・ゲームデザイン+ゲーミフィケーション

NEMへの貢献(一年未満で)
・Inside NEMの立ち上げ。調査、執筆、動画撮影、編集、グラフィック作成、さらに世界中のチームやパートナー企業へインタビューを行い、45本のInside NEMを制作しました。
・Inside NEMを、Twitterフォロワー14,000人以上、YouTubeチャンネル登録者4,200人以上の規模に成長させました。
・世界中の展示会やイベントにNEMの代表者として出席してきました。国連、日本のNEM Bar、複数回のConsensusへの参加などです。
・NEMの世界中のチーム、テックビューロ、NEMを活用して開発を行う多くのパートナー企業、コミュニティ、そしてNEMのコアデベロッパーの間に、強力な協力関係を築きました。
・今後コミュニティに発表されることになる提携関係のいくつかを締結しました。
・Coincheckの盗難事件、NEM財団再編、Petro関連の混乱などの大きな事件の際にコミュニティを主導しました。
・広報チーム、コミュニティ、世界中の地域や国のメディアと協力して仕事をしています。また多くの国々で、国や地域の法律施行に関連した情報のパイプ役を務めています。
・NEM全体に向けたメディア研修を主導しました。
・NEMのウェブサイトのデザイン変更と2017年のマーケティング戦略に貢献しました。
・私はXEMへの投資家であることに誇りを持っており、その可能性を信じています。

私は今後数ヵ月、NEM評議会、テックビューロ、コアデベロッパー、そして世界中のチームと協力し、北アメリカにおいてNEMを成長させる努力を行い、透明性を確保しつつ、結果を出したいと思っています。私は結果を非常に重視しており、NEMチームから盤石のサポートを得ています。

私の行ってきた貢献を過小評価しないでください。私はロックスターというよりも忍者なのです。

私はキャリアを通じて、今回のようなチャレンジに対応するために準備を重ねてきました。そしてNEMノースアメリカを立ち上げるために協力してくれるチームは技術力が高く、実働経験豊富で、謙虚でありながら機転の利く人々です。私と仕事をした経験がある人はみんな、私が人に役割を任せることで計画を主導するタイプだと知っています。

今回の件は仕事ではなく、私の天職だと思っています。

 - NEM(ネム)

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。