ioNEMとは何か?

 最終更新日2017/12/01    閲覧数3,076回   この記事は 約5分 で読めます。

あの時…The DAOが死んだ時、投資先のメインをNEMに移し替えたのは、とあるビットマンに推されたのが最初だった。それからのコレだった。そしてXEMを買った。

今回の和訳はそのIoT×NEMのお話です。

ioNEMとは何か?

ブロックチェーン技術の世界では、プロジェクトの数が急速に増加しています。NEMはそうした初期から存在するブロックチェーン関連のスタートアップの1つで、最近広く認識され始めた企業です。

NEMのチームは、ioNEMという名前の新しい「提案」を発表しました。その主な目的は、NEM技術を使ってオンチェーンの譲渡可能なInternet of Thingsを提供することです。非常に興味深い構想ですが、実際の仕組みはどうなっているのでしょうか?

主にコンセプトをIoTに特化しているioNEM

Internet of Thingsにブロックチェーン技術が活用されれば、明るい未来が実現されるというのは誰にとっても明らかです。IoT業界が高度な分散化を行うよう努めれば、その未来はさらに確実なものとなります。

今日の人々が考えていることとは対照的に、ほとんどのIoTのインフラは稼働を続けるために、中央集権的なサーバーに依存しています。セキュリティの観点から言えば、これは絶対に受け入れがたいことです。

ブロックチェーンを使ってこうした不安を解消する取り組みは、検討する価値のあるものです。実際に、それはNEMがioNEMを通じて行っている活動でもあります。この新しい「ツール」はオンチェーンでIoTデバイスを所有することを容易にしてくれます。

さらに、そうしたIoTデバイスを日常的にオフチェーンで使う際にも、管理をスムーズにし、安全性を強化してくれます。後者のオフチェーンの機能については、手数料なしで安全に実行されます。最後になりますが、ioNEMはブロックチェーンを通じた様々なデバイス間の通信機能を導入するかもしれません。広告通りに機能するのであれば、それは非常に興味深いコンセプトです。

しかし、この技術のユースケースは通信と所有権にとどまりません。初期世代のIoTデバイスの多くがいずれ壊れてしまい、交換が必要になることもあり得ます。ほとんどのユーザーはふつう、自身のデバイスが適切に機能していないことに気が付かないでしょう。しかし、もし彼らが何らかの警告メッセージを受け取ることができれば、問題の多くは解決可能です。

ioNEMは理論上、デバイスの所有者にそうした問題についての通知を行い、交換パーツの発注をして、関連コストを概算することができます。ユーザーが承認すれば、それほどの手間をかけることなくデバイスを修理することができます。

ご想像の通り、ioNEMはパズルのピースがすべてそろった時にのみ効果を発揮します。チームは最近のブログ記事で、もしこのプロジェクトに成功の可能性があるとすれば、どのようにして、このエコシステムの様々な基礎を調和させることができるかについて概要を示しました。

既存のブロックチェーン技術によるソリューションを使って、主要分野でのユースケースを実現することが非常に重要です。それだけは間違いありません。

同時に、このような野心的なアイディアの実装はすべてが順調にはいかないかもしれない、ということも認識しておかなければなりません。実際に、今回のプロジェクトでは、それを何らかの方法でネイティブにサポートするIoTデバイスが必要となります。それを実際に試して検証しない限りは、ほとんどの製造業者はこの可能性について検討すらしないかもしれません。

さらに、IoT製造業は分断してしまっているため、このプロジェクトは容易なものではありません。ioNEMのチームは、人々にこの新しいプロトコルを自身のデバイスに自分で実装するためのツールを配布しようと考えているようです。

これは感心すべき方針ですが、それによって主要分野における普及が進むとは限りません。実際に、このプロジェクトが今後もニッチなものにとどまり、少数の人々だけが実験に使うということも考えられます。

ioNEMのようなベンチャーは、専用のコミュニティが常に支援は行うでしょうが、その大規模な普及の達成は現在のところ大きな疑問のままです。こうした課題はあるにせよ、ブロックチェーン技術とInternet of Thingsを融合させることにフォーカスしたプロジェクトがますます誕生していくのは良いことです。しかし、ioNEMが大きく成功するかは、まだ不透明です。

原文:What Is ioNEM?

 - NEM(ネム) , ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。