ラスベガスのストリップクラブが通常営業での暗号通貨使用へ

 最終更新日2017/05/18 公開日2017/05/18    この記事は 約1分 で読めます。

2017_insert_image_000189

ラスベガスにあるLegends Roomストリップクラブでは、間もなく暗号通貨のソリューションを通常営業において使用していくことになります。

Legends Roomストリップクラブが、ビットコインと美女で技術オタクを誘惑

2017_insert_image_000190

Legends Roomの創立者のNick Blomgrenは、彼のクラブはミレニアルズ(1980年代から2000年代初頭に生まれた世代)と技術オタクの興味を引くことに力を注いるのだと説明します。ラスベガスのストリップクラブであるLegends Roomは、五月の末にオープンし、プライベートダンスやドリンクといったサービスの代金支払いにおいてビットコインを受け付ける予定です。

これに加えて、Legends RoomのロビーにはビットコインATMが設置されることになります。さらに今月、Legends Roomはイーサリアムを基盤として独自の暗号通貨(LGD)を作りました。ユーザーはビットコインをロビーのATMで購入したり、Legends Roomの会員にVIPアクセスを提供するLGDトークンの購入を行うことができます。

 - 和訳, クリプトシグナル ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。