XEMの2018年の価格予想:Tetherのハック以降のXEMを検討する

 最終更新日2017/12/09    この記事は 約12分 で読めます。

朝起きたら


これがこれだもんで。

でも、


60%は希望的観測ですが、期待があるから買われるわけですので「押しを作りつつ再上昇」を繰り返し、目先の儲けだけにこだわらない、技術者や開発者、そして消費者の目がNEMにより向けられていけばいいと思います。

では、本題です。タイミング良く価格のネタがあがってきましたw

Lombardi Financialってところでリサーチアナリストをしてる人の2018年XEM価格予測記事があったので和訳してみました。「ただのひとりのアナリストが暗号通貨投資初心者向けに書いてる」って雰囲気で読んでみましょう。

ところどころツッコミ入れておいた方がいい感じの箇所もあったので注釈入れてます。ちなみに彼女の趣味はお菓子作りやビデオゲームだそうです。

XEMの2018年の価格予想:Tetherのハック以降のXEMを検討する

安全な暗号通貨であるXEMには大きな利点があります。

Tetherのハックは今週(本記事は11/24に投稿)、暗号通貨の業界を恐怖に陥れました。多くの人々が、暗号通貨はそもそも安全なのかと不安に感じています。しかし、実際には暗号通貨は安全です。それだけは間違いありません。

すでに地位を確立した暗号通貨から目線を移し、見逃してしまっている日の目を浴びていないコインについて検討してみましょう。例えば、ビットコインやEthereumよりも安全な通貨として売り出されているNEM(XEM)はどうでしょうか。名前を聞いたことがなくても仕方ありません。これから詳しく情報を紹介していき、その後に私のNEM (XEM)の2018年の価格予想をお伝えします。

Tetherのハックは、初の暗号通貨であるビットコインが日の目を浴びた2009年以降に、何度も起こってきた暗号通貨へのハッキングの1つです。

2014年に起こった最大の暗号通貨ハッキングであるMt. Goxのハックを忘れることなどできません。昨年のDAOアタックや、その後に起こったBitfinexアタックも同様です。

現実的なことを言えば、暗号通貨への投資は法定通貨への投資と同様に、シンプルで分かりやすいものではありません。法定通貨への投資において銀行強盗やサイバー攻撃をリスクとして受け入れなければならないように、暗号通貨へのハックも受け入れなければなりません。

しかし、セキュリティのレベルは暗号通貨によって異なります。

あなたが暗号通貨における安全な投資先を探している投資家であれば、NEM(XEM)は強く興味を引くものかもしれません。

そもそもNEM (XEM)とは何か?

一般的にはコインのシンボルであるXEMで知られているNEMは、ビットコインやEthereumのようなブロックチェーンを基盤とした暗号通貨です。その2つの通貨との違いは、拡張されたそのセキュリティ機能です。

NEMの創立者は、ビットコインやEthereumに組み込まれているものと同じ技術を使っていますが、それをさらに改良しています。

ちなみに、ビットコインはSatoshi Nakamotoがブロックチェーン技術を使って開発した世界初の暗号通貨です。ブロックチェーン技術とは、あらゆるビジネスと金融トランザクションを分散化し、中集権的機関(私たちの現行の法定通貨を基盤とした経済の中央銀行のような機関)の管理を排除し、それによってシステムに自律性をもたらします。

Vitalik Buterin氏は同様のブロックチェーンのコンセプトを採用しましたが、それに少し工夫を加えてEthereumを開発しました。

Ethereumは「スマートコントラクト」というコンセプトを導入しました。スマートコントラクトを活用することでユーザーは、自身の専用コントラクトを作り出して、第三者の存在や介入を必要とせずに、資金の送受や価値あるものの売買といった、あらゆるビジネスや金融のトランザクションを実行することができます。

そのコントラクトはEthereumのプラットフォーム上で履行され、トランザクションはEthereumの暗号通貨トークンであるイーサを使って実行されます。

そこから数百ものブロックチェーンを基盤としたイテレーションが生まれ、数多くの新しい暗号通貨が市場へ出回ることとなりました。

しかし、そうしたオルタナティブ暗号通貨(いわゆる『オルトコイン』)は、それ独自の有効性を提示できないのであれば、いずれは忘れ去られるでしょう。

しかし、1つ際立って素晴らしい通貨があります。

NEM vs. Ethereum

NEMはEthereumのスマートコントラクトのシステムを採用し、それをさらに改良して自身のブロックチェーンを基盤とした「スマートアセット」というシステムを開発(※)しました。それはEthereumと類似したシステムですが、安全性とスケーラビリティが向上しています。

※…NEMがEthereumを採用して改良したという事実は現在のところ情報はありません。構想段階でアイデアを仕入れただけなのか、全くのガセネタなのか含め不明です。

侵入者がシステムへ入り込む可能性はEthereumよりもはるかに低いものになっています。それに加えて、NEMはスパマーをシステムから排除しています。

同様に、NEMはスケーラビリティの面でEthereumを上回っています。Ethereumが1秒あたりに15件のトランザクションしか処理できないのに対して、NEMはそれより数百件も多くの処理を行います。

それだけにとどまらず、現実世界でのNEMのアプリケーション(いわゆる『ユースケース』)は明らかにEthereumのそれを数で上回っています。

しかし、XEMの価格が2018年に3桁を突破することを支持する根拠は他にもあります。続けて私の2018年のNEM (XEM)の価格予想をお読みください。

2018年にNEMの価格を押し上げる要因

ビットコインとEthereumが、1200以上ある暗号通貨の中で市場総額の点でそれぞれ第1位と第2位を占めているのは事実です。しかし、NEMも負けてはいません。

18億ドルの市場総額を誇り、NEMは世界でトップ10の価値ある暗号通貨となっています。

NEM(XEM)のチャート(※)を少し見れば、上昇トレンドが働いているのがわかるでしょう。NEMの価格は今年の初めに投資家たちが興味を示し始めて以来、最高価格・最低価格ともに高い水準に移行しています。

※…どのペアどの時間足で言ってるのか不明

事実として、NEMとEthereumの価格を比較すれば、今年はXEMがETHを上回っているのがわかるでしょう。

XEMの価格は今年5,600%という途方もない成長を遂げました。一方で、ETHは今日までで3,400%の成長となっています。

これは暗号通貨ファンたちが、NEMが開発中の将来有望なプロジェクトに資金を投資してきたからです。

そうしたプロジェクトの代表的なものが“Catapult”です。

Catapult

CatapultはNEM技術の次のバージョンで、現在ベータ段階にあります。ローンチ後には、NEMのプラットフォームを現在よりも、さらに大幅に安全で高速なシステムへと改良すると評価されています。

実際に、多くの銀行がCatapultの検証を行い、自社の金融ソフトウェアをNEMブロックチェーンのプラットフォームへと移行することを検討していると報じられています(※)。これはNEMにとって飛躍的な進歩になりえます。

※…多くの銀行が?移行を検討?w うーん…w

NEMコールドウォレット

NEMがプラットフォームに導入する、もう1つの素晴らしい機能として「NEMコールドウォレット」が挙げられます。「コールドウォレット」のコンセプトは新しいものではありませんが、ほとんどの暗号通貨はこのソリューションをユーザーに提供してはいません。

コールドウォレットは基本的には、盗難を防止するためのオフラインの暗号通貨ストレージです。

投資目的で購入したコインで、近いうちに使用する可能性の低いものに関しては、安全な場所に避難させておくこともできるのです。

NEMは個別のコンピューター上にコールドウォレット(預金口座のようなもの)を作ることを容易にしました。そのウォレットはその後インターネットから切り離して、避難させておかなければなりません。このようにすることで、あなたの投資商品はサイバー攻撃から守られるのです。

一方で、あなたは秘密のパスコードを持っているので、自身のアクティブなコンピューターから、いつでもコールドストレージに保存したXEMにアクセスすることができます。

取引やその他のトランザクションを行うために日常的に必要となるコインに関しては、「ホットウォレット(当座預金と同様のもの)」に保存しておくことができます。ホットウォレットは、あなたのPC上にありインターネットに接続している、一般的なNEMウォレットです。

単刀直入に、私の2018年のNEM (XEM)の価格予想についていえば、来年にはXEMが600%を超える3桁の利益率を記録して、1.5ドル~2.0ドルの間で取引されるようになると私は考えています。現在のXEMの価格は1単位あたり0.20ドルです。

アナリストの考察

正体不明のハッカーが360万ドル相当のイーサを奪い去ったという、悪名高いDAOアタックによって、ブロックチェーンを基盤としたシステムの脆弱性が暴かれた後、Ethereumの価格は急落しました。暗号通貨は危険な投資商品なのではという恐怖が蔓延しました。

最新のTetherのハックでは、3100万ドル相当のトークンが盗まれ、恐怖はさらに強まりました。

しかしNEMは、ビットコインやEthereum、そしてその他のブロックチェーンを基盤とするシステムに代わる、より安全なものを作り上げることで、その恐怖が誤りだと証明しつつあります。

しかし、NEMの素晴らしさはそれだけではありません。

NEMの最新の取り組みである、自身のプラットフォームをビットコインやイーサリアムに代わる、より安全なシステムとして売り出すという活動があるため、2018年のNEM(XEM)の価格予想は強気なものになっています。

NEM創立者たちは現在、拡大を続けるユーザーベースが自身のXEMを安全に取引することのできる、独自のNEM取引所の開設に取り組んでいます。それによって、ハックによってコインを盗まれる可能性がさらに低下します。そうした盗難のほとんどが、中央集権型の暗号通貨取引所で行われたものだからです。NEMの投資家はそうした一般的な暗号通貨取引所よりも優れた、専用の取引所でXEMの売買を行うことができます。

こうした好条件がそろっているため、私はNEMの価格はすぐに1ドルを記録すると予想しています。

原文:XEM Price Forecast 2018: Consider This Cryptocurrency After Tether Hack

 - NEM(ネム) ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。