NEMがブロックチェーン・リサーチ・アクセラレーターと提携

 最終更新日2018/07/30 公開日2018/07/30    この記事は 約3分 で読めます。


NEM財団は最近、Untitled社およびブロックチェーン・リサーチ・アクセラレーター(BRA)との提携を発表しました。
(アクセラレーターとは直訳すると「加速装置」のことで、大手企業や自治体がスタートアップなどに対して支援や出資を行い協業して事業を創出するために開催されるもの)

Untitled社は分散型エコノミーのシンクタンクで、現在様々な興味深いブロックチェーンプロジェクトに携わっている経験豊かな専門家を抱えています。最も将来性有望な取り組みの1つが、研究者、産業の専門家、ブロックチェーンの専門家を集結する非営利団体であるブロックチェーン・リサーチ・アクセラレーターです。

今回の提携によって、BRAの学生は、NEM財団から研究についての知識と助言を得ることになります。NEM財団ヨーロッパの提携関係ディレクターであるJulian Richter氏は、NEM財団がBRAを支援している理由を説明します。

「BRAは非常に影響力のある取り組みです。そうした取り組みは研究者の知識、様々な業界のリーダー、そしてブロックチェーンの専門家を結集して、ブロックチェーンについての知識共有を進め、エコシステムをより良くするためには絶対に必要なものです。

私は、NEM財団と暫定代表のクリストフ氏がブロックチェーン教育を熱心に支援し、私たちのブロックチェーンの知識によって研究者をサポートするために今回の提携を結んでくれたことを、個人的に嬉しく感じています。」


7月13日、130人の応募者の中から選ばれた幸運な30人あまりのグループが集まり、ベルリンで初のワークショップを1日かけて行いました。そのプログラムでは、パネルディスカッション、グループワーク、ネットワーキング、そしてDB Digital、Luvent-Consulting、Untitled社の研究者や専門家によるプレゼンテーションなどがバランスよく行われました。

NEM財団のソリューションアーキテクトのIstvan Deak氏は、既存の「スマート実行ツール」などを含めたNEMのプレゼンを行い、NEMブロックチェーンでのソリューションの開発やデプロイがどれほど容易なものかを示しました。

最後にはすべての参加者が、NEMアポスティーユで公証された参加証明書を受け取りました。NEMアポスティーユはNEMブロックチェーンを基盤とした強力な公証サービスで、Nanowalletで利用可能です。

Istvan Deak氏によるBRAで過ごした1日のサマリー:
「私たちは既存の詳細なブロックチェーンの知識と、特に参加者が示した様々な産業に対する洞察に、いい意味で驚かされました。私たちは将来BRAの参加者を支援し、彼らと協力していけることを楽しみにしています。
Oliver Krause博士、Peter Trapp氏、そしてDaniel Pietsch氏には、素晴らしいイベントを企画してくれたことに対してお礼申し上げます。」

 - NEM(ネム) ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。