マレーシアの第一次産業省副大臣がNEMブロックチェーンセンターを訪問。NEMは世界的な普及を目指す

 最終更新日2018/10/29 公開日2018/10/29    この記事は 約3分 で読めます。

NEM (XEM)はおそらく東南アジアにおいて、政府がそのブロックチェーン技術と暗号通貨を採用する可能性のあるコインの一つでしょう。

一般的に、政府はこれまで、安全面の問題を理由に、ブロックチェーン技術に良い印象を持っていませんでした。しかし、マレーシア第一次産業省副大臣がNEMブロックチェーンセンターを訪問したことは、マレーシア政府がNEMを支援する可能性があることを示しています。

今回の訪問で、NEMは大臣にブロックチェーン技術の仕組み、そしてNEMがブロックチェーン技術を用いて世界をどのように変えているかを説明しました。

マレーシア政府が関心を持ったことは、NEMにとっての大きな追い風となるかもしれません。第一次産業省副大臣のDatuk Seri Shamsul Iskandar Md氏の訪問に関して、NEMは次のようにツイートしました。

「マレーシアの第一次産業省のDatuk Seri Shamsul Iskandar Md. Akin副大臣が先日、NEMブロックチェーンセンターを訪問してくださいました。私たちは副大臣にブロックチェーンとNEMのユースケースに加えて、その概要を伝える機会も得ることが出来ました。」

ブロックチェーンはその本質として、アセット管理のためのプラットフォームです。世界中の政府がそれぞれの国で莫大な数のアセットの規制と管理を行っています。

今後数年後には、ブロックチェーンはこうした管理を改ざん不可能で即時実行可能なものにするでしょう。このブロックチェーン技術によって世界は変わり、政府がこの技術を支援し始めれば、世界を主導する技術における新しい運動が誕生するでしょう。

投票の処理やマーケティング、そして資産や日常生活の様々な要素を管理する新しい方法まで、ブロックチェーンはあらゆるものに変化をもたらします。

今後数年で、より多くの企業や政府がブロックチェーンを採用し、世界はフィクション映画で描かれ、私たちが夢見てきたような、迅速なものとなるでしょう。

世界のデジタル化と分散化は大きな成功をおさめるでしょう。ブロックチェーンは休まずに稼働し、世界に提供できる機能を改善し続けます。

迅速で安全性が高く、第三者の関係しない仕組みによって、人々の時間を大幅に節約してくれる、より速やかな世界の実現に私たちは立ち合うことになります。

一方で、もしマレーシアがNEMの支援とサポートを開始した場合には、NEMは大きな推進力を獲得することになります。世界の主要な経済圏の一つとして、マレーシアはNEMのネットワーク拡大に貢献してくれるでしょう。

さらには、経済力によって支援される暗号通貨にとっても大きな追い風となるでしょう。今回の訪問がきっかけとなって、特に東南アジア地域におけるNEMの普及が前進するかもしれません。

NEMは様々な国々にネットワークを拡大しているコインの一つです。この記事の執筆時で、NEMは0.097ドルで取引されており、市場では現在17位にランクしています。

マレーシア政府がNEMブロックチェーンを全面的にサポートすることになれば、将来的にはその価値は大きく上昇するでしょう。

 - NEM(ネム) ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。