Kind Heaven(カインドヘブン)におけるNEMの役割に迫る!

 最終更新日2018/10/20 公開日2018/10/20    この記事は 約7分 で読めます。

主要なブロックチェーン技術であるNEMは、Kind Heavenのハイクオリティな"没入型"最新ラスベガスエンターテイメント施設に向けてバックエンドを提供します。

他のどこでも得ることのできない体験

昨日私たちは、来年ラスベガス・ストリップでオープンする没入型エンターテイメント施設であるKind Heavenが、Astaを公式開発パートナーに迎え、NEMプラットフォームを活用してブロックチェーン技術を統合すると発表しました。

Kind Heavenは画期的な観光施設で、最新のRFテクノロジー(ウェアラブル)とハリウッド式の物語を融合させた革命的な取り組みで、観客を新世界へと送り出します。そこでは、東南アジアの文化、芸術、音楽、食べ物、ファッションなどの最高の体験をオンラインとオフラインの両方で楽しむことができます。

これは、今までどこにもなかったコミュニティです。

キャリー・グラナット氏はImmersive ArtistryのCEOです。エド・ジョーンズ氏は数々の賞を受賞してきた映画向けの映像効果のパイオニアで、『ロジャーラビット』や『ハッピーフィート』などを手掛けています。ペリー・ファレル氏はジェーンズ・アディションのリードボーカルで、ロラパルーザの創始者でもあります。

このチームは、冒険と発見を刺激する「経験のコレクター」と考えることも可能です。そして、彼らはその経験を、あなたや私、そして世界と2019年の秋に共有することになります。

Kind Heaven開業

ラスベガスの激しい暑さのせいで、私はThe LINQホテルの外で目を閉じました。そこは偶然にも、Kind Heavenという名称の1億ドルのプロジェクトが将来入居することになる、10万平方フィートの会場でもありました。

私は少しの間だけ目を開けると、すぐに私の前にCary Garant氏が立っていることが分かりました。「こんにちは、アレックス」と彼は言いました。

「準備はできているかな?」と聞かれて私は頷きました。しかし、本当のところ、ラスベガスは私にとってはいつも感覚的な刺激が強すぎる街です。私は何が待っているのかを知りませんでした。

そして六時間後、Kind Heavenを訪問して、チームと特にプロジェクトにおけるブロックチェーンの役割を話し合った後、私はちっとも眠れる気がしませんでした。

それは私が想像していたコミュニティを超えるものでした。チームが望んでいる役割のほとんどは、NEMのプラグアンドプレイブロックチェーンテクノロジーに完全にフィットするものでした。

彼らは、デジタル市場のアイテム、バーチャルなコレクション品などに加えて、世界中のコレクション品(6000億ドルの市場)を追跡するための、検証済みで素早く、安全で確実なハイブリッドブロックチェーンを必要としていました。

Kind Heavenは、自身の神話、キャラクター、イメージ、地理的特性を利用するブロックチェーン技術を使うことで、デジタルコレクション品のビジネスを作り上げることに注力しています。

要するに、彼らは、そのプロジェクト実現の手助けをしてくれる信頼性の高いブロックチェーンパートナーを求めているのです。それがNEMです

あらゆる人に向けたパーソナライズされた体験

Kind Heavenは昼から夜にかけて変化するカスタマイズされた体験を提供します。

市場での販売アイテムの多くはブロックチェーン上で追跡・記録され、RFIDを活用したウェアラブルブレスレットが独自の商品(音楽やデジタルコンテンツも含む)を購入する際のファストパスにもなります。

そうした商品は劣悪な環境の搾取工場ではなく、間違いなく世界的な販売会社が提供するものです。結果として、収益も元の製作者へ還元されます。これはKind Heavenのフランチャイズを進化させるための重要な機能です。

(※以下はたぶん…筆者が想像で描いたKind Heavenでの日々だと思います)

私の旅は、母親が子供を家族で楽しめる遠足に連れていく場面から始まりました。そこで私の子供たちは隠れた森に入り込みます。「フォレスト・テンプル(森の寺院)」にはホログラムとアニメーションの動物が使われ、実物のように見えました。

私たちの子供は大喜びで、夢中になって新しい文化を直接学習し、素晴らしい大道芸人に魅了されました。その間、私たちは東南アジアのコミュニティを有意義な方法で支援していました。私たちは一度もThe LINQホテルを出ることはありませんでした。

私たちは一日中、様々な時代のショーを見て、遠くアジアから来た食べ物のフェアを楽しみました。そのどれもが、私たちがその存在を知らず、おそらくは発音できない食べ物でした。

私たちはあらゆる瞬間を楽しみました。というのも、Kind Heavenのチームは、100億ドルの興行収益が予想される、この素晴らしいエンターテイメントフランチャイズを実現するすべを知っているからです。

私は、“Kid HEAVEN”(Kind Heavenのことです)で、「今日はもう終わりにしよう」と言った瞬間に、子供のメルトダウンが始まると考えました。私の子供たちは残りたがるでしょう。こんな魔法のような場所に留まりたくない人などいないはずだからです。

そういうわけで、私はその夜、子供たちを残して夫と部屋へ戻りました。

ナイトタイムアドベンチャー

Kind HeavenにあるNighttimeは、歩いて楽しめる360度没入型の楽園で、厳選された大人向けエンターテイメントショーと、一流のパフォーマーや新人のバンドを紹介する音楽会場などの集まりです。

最果ての東南アジアに行かなければ見つからない特別なドリンクと週替わりの食べ物の組み合わせも楽しめます。もっと冒険心の強い方向けには、あなたの感覚とRFIDウェアラブルデバイスをフル活用するダンスフロアもあります。

隠された聖域もお気に入りの場所となるかもしれません。そこでは空間の上下が逆さまで、時間を忘れることができます。

これは多感覚を刺激する体験で、ラスベガスのロードサイドにある典型的な下品なスポットとは一線を画す、ベガスに来るたびに訪れたくなるようなアトラクションです。

Kind HeavenのNighttimeでは、初期のバーニングマンと東南アジアの奇抜さをミックスして、ロラパルーザからお気に入りのパフォーマーを加えたような空間に転送された感覚になります。

それはワイルドで、革新的で、面白く、あなたに似た人々のコミュニティと繋がれるだけでなく、新しい食べ物やエンターテイメントを体験することもできます。

Kind Heavenの原動力となっているチームと、世界中の数百万人の人々に向けて彼らが息を吹き込んだエンターテイメントの財産を考えると、それはNEMとAstaの全員が喜んで加わりたいと考えるコミュニティだと言えるでしょう。

 - NEM(ネム) ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。