フィリピンでの学生と起業家向けのブロックチェーン教育・インキュベーションハブ

 最終更新日2017/11/30    閲覧数529回   この記事は 約5分 で読めます。

前回に続いて今回もLoyalCoinに関する記事の和訳です。前回の内容の一部がもう少し詳細になったような感じです。

プレICOは順調のようで、残り11日くらいで3分の2くらいが購入されてます。本ICOは12月予定みたいです。
プレICOは本ICOよりちょっとだけお得なので本ICOまで検討してもいいんじゃないかと思います。大口なら早い方がいいかもですが。

あと、中の人に尋ねてみたところLoyalCoinのLoyalPlatformはどうやらmijinも使うようです。前回の記事でその点が曖昧だったので「?」と思ってましたが、それでした笑

ではどうぞ。原文ママだと誤報になるとこあったので修正加えてますw

学生と起業家向けの、フィリピンのブロックチェーン教育・インキュベーションハブ

先日11月10日に、フィリピンのソフトウェアスタートアップであるAppsolutelyは、日本のブロックチェーン専門企業であるNEM財団(原文ママ、財団は日本企業ではないです。或いはテックビューロとの提携を言ってるのか?)と、ロイヤルティプログラム業界に革命を起こすという目標を果たすために提携を行ったと公式に発表しました。

AppsolutelyはNEMのプラットフォームを、来年にロールアウト開始予定である同社の新しいロイヤルティプログラム(日本でいうポイントサービス)において活用します。

2013年創業のAppsolutelyは、最近LoyalCoinを導入しました。LoyalCoinはデジタルトークンであり、ユーザーがロイヤルティポイントを、1つのブランド内だけでなく複数のブランド間で使用したり、換金することを可能にします。

同社は海外市場の開拓を行うだけでなく、Gong Cha、Bench、Petronなどの大規模なフィリピンの小売業者のポートフォリオを活用し、1つのロイヤルティ通貨で相互に接続し合うネットワークを構築しようと考えています。

10月のイベントにおいてAppsolutelyは、LoyalCoinをアメリカとタイで2018年の第1四半期にローンチすると発表しました。

LoyalCoinを複数の小売店で利用可能にする試みは、ブロックチェーンによって可能となります。ブロックチェーンとは、シームレスで、ボーダレスかつコスト効率的なトランザクションを可能にするデジタル台帳です。

NEMが同技術をLoyalCoinのために提供してくれます。NEMのデジタル通貨であるXEMは11月15日時点で17.6億ドルの市場総額を誇り、世界で第10位の価値がある通貨となっています。

提携事業の中には、マニラ首都圏にAppsolutely-NEMブロックチェーンセンターを開設する計画も含まれています。同センターは、学生や起業家、さらにはブロックチェーンを詳しく学びたいと強く考える実業家やその他の人々のための、教育および起業支援のハブとして機能します。

ブロックチェーンは、LoyalCoinだけでなくデジタル通貨や巨大なデータベースといったユースケースの基盤となっているソフトウェアです。

「ブロックチェーンは次世代のインターネットです。この新しい技術を学びたいと考える人々はセンターを訪れ、ブロックチェーンのすべてを学ぶことができます。」

とAppsolutelyのCEOであるPatrick Palacios氏は言います。

「理想としては、人々が『ブロックチェーンとはいったい何なのか?』といった簡単な質問をしたい時に訪れることのできるセンターを作りたいと思っています。」

とNEMの東南アジア地域代表のStephen Chia氏は付け加えます。

Appsolutely-NEMブロックチェーンセンターは、あらゆる人々にブロックチェーンの基礎について教育する「ブロックチェーンアカデミー」として機能する予定です。

アカデミーは、ブロックチェーンエンジニアになりたいと考える学生を啓発することを目標とし、ブロックチェーンに可能な限り多くの人々がアクセスし、それを理解できるようにすることを目的としているのだとChia氏は強調しました。

「現在、ブロックチェーンの話をすれば結局ビットコイン(世界一の価格を誇るデジタル通貨)の話題になります。そしてそれが混乱の元なのです。だから私たちは基礎に立ち返り、なぜブロックチェーンが現在のようなシステムとなり、どういった点がビットコインに組み込まれているのかについて話をします。」

とChia氏は言います。

また、センターにはブロックチェーン技術に取り組むチームや起業家に向けたコワーキングスペースも併設しており、さらにはブロックチェーンを基盤としたビジネスを行うスタートアップのための起業支援も行います。

NEMは、ブロックチェーンを基盤としたビジネスアイディアを持つ企業に、シードラウンド以前に資金提供を行うための、500万ドルものグローバル・ベンチャーファンドを用意していると明らかにしました。

Appsolutely-NEMブロックチェーンセンターは、2018年の第1四半期にオープンを予定しています。マニラ首都圏に位置する同センターは、今後東南アジア中にローンチされていく予定の複数のハブの1つとして機能する予定です。

原文:PH Blockchain Education and Incubation Hub for Students and Entrepreneurs

 - NEM(ネム) , ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。