nemchange開発者への独占インタビュー

 最終更新日2018/07/12 公開日2018/07/12    この記事は 約4分 で読めます。


Nemchangeは、いかにしてNEMコミュニティのメンバーがNEMブロックチェーンをさらに発展させるプロジェクト作成に携われるかを示す好例です。

NemchangeはNEMを基盤としたトークン(いわゆるモザイク)用の取引所で、Pavel Polak(通称“Pa Po”)によって立ち上げられました。彼はエンジニアでNEMコミュニティのメンバーでもあります。

Nemchangeはシンプルなインターフェースを持ち、そのシンプルさを求めて短期間で数千人のトレーダーがそれを使うようになりました。

他の取引所と比べて優れている点として、取引所のウォレットに着金したNEMモザイクを自動的に登録する機能が将来的に実現する可能性があります。

それによってモザイクを、他の取引所へのオフィシャルな上場を待たずして売買することが可能になります。具体的にはProximaX (XPX)やLoyalcoin(LYL)などが、XEMと交換可能です。

あなたのことについて少し教えていただけますか?

「私はPavel Polakといいます。ポーランド出身でウェブデザイナーとして2年間働き、その後にSAPコンサルタントとして4年間活動しました。大学ではITを専攻していましたが中退しました。

少し前に、私はウェブ開発の分野に戻り、職後の時間にnemchangeを作り始めようと決めました。現在、私の仕事は主にnemchangeについてのものです。」

NEMのプラットフォームをどのように取引所に利用しますか?

「私は(Wavesなどの)別のプラットフォームでの開発を計画し、実際に作業を進めていました。しかしNEMについてある程度勉強すると、コードの1行目を読んだ瞬間に、そのシンプルさにすぐに夢中になりました。これは自分のためのブロックチェーンなのだと確信しています。

全体として、私は最初、自分がどんな種類のプロジェクトを立ち上げようとしているのか明確に理解していませんでした。NEMに関連した何かをしたいと思っていました。

nemchangeは最初に思いついたアイディアではありませんでしたが、最も可能性があるとわかりました。Nemchangeの基礎にあるのは取引所のウォレット、ウェブサイトと統合、入金と引き出しのメカニズムです。」

必要最低限なバージョンの取引所を作り上げるのに、どれくらいの時間がかかりましたか?

「最初のバージョンの開発は2017年11月の終わりから、今年の3月までかかりました。しかし、それにすべての時間を費やしたわけではありません。仕事が終わった後に開発を行っていました。」

NEMプラットフォームでの開発をどのように評価しますか?実際に使いやすいものですか?

「すでに述べたように、私はブロックチェーンについてのある程度の調査をし、様々なプラットフォームの研究を行いました。

そのどれかを使って開発を行いたいと考えていました。しかし今では有益な情報にアクセスすることは困難で、開発者がすぐ作業を開始するためのチュートリアルの類もなかなか見つかりません。

私が思うに、ほとんどのブロックチェーンはこの問題を抱えています。NEMは非常に簡単な仕組みです。というのも、開発者が何か1つでも開発言語を知っていれば、新しい言語を修得する必要はなく、自分の好きな言語を使うだけでよいからです。」

このプロジェクトにおける、あなたの夢とは何ですか?

「私はこのプロジェクトがCryptoKittiesと同じくらい(もしくはそれよりも)大きなものになってほしいと望んでいます。

私は自分のプロジェクトを自画自賛するわけではありませんが、暗号通貨ファンの間のみならず、広く普及する可能性はあると思っています。

大きな成功をおさめて、一般に幅広く受け入れられるでしょう。」

取引所についての将来的なプランはありますか?

 「今のところ、私はサイトの新しいレイヤーに取り組んでいます。さらに、coinmarketcapなどにnemchangeを登録した後に、外部のサービスからコールを行うAPIを開発するつもりです。」

 - NEM(ネム) ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。