NEMがProof-of-Importanceコンセンサスを選択した理由

 最終更新日2018/08/03 公開日2018/08/03    この記事は 約3分 で読めます。


NEM財団の東南アジア代表のスティーブン・チア氏は、NEMが(PoI) Proof-of-Importanceを採用した理由について説明しました。

PoI

NEMのプラットフォームはProof-of-Importanceによる合意形成メカニズムを使用しています。PoIはネットワーク上の仮説を利用して、ネットワークへの関与の度合いを設定する仕組みです。

PoIはシステムを使って、デジタルアセットがあるアカウントに存在する期間を計算し、毎日そのデジタル通貨のうち10%を「既得バランス」として可算します。最終的に、既得分のコインを長期間持っているほど、そのユーザーのPoIスコアも高くなります。

この計算を行うにあたって、ユーザーは最低でも、ハーベスティングを行うために必要な10,000の既得コイン(XEM)をウォレットに保有している必要があります。

ユーザーが既得コインの最低限の前提条件を満たした場合に、そのユーザーはローカルハーベスティングか委託ハーベスティングのどちらかを選ぶことができます。ハーベスティングは、トランザクションの許可だけでなく、インターネット上のネットワークを維持するという面でも非常に重要です。

それはマイニングと同じような仕組みで、誰が次のブロックをハーベスティングするのかを決定する際に重要な役割を果たします。また、ユーザーのプライベートキーを明かすリスクなしに、アカウントに資金をプールする際にも重要となります。

コンセンサスメカニズム

NEMがPoWではなくPoIを選択した理由について、スティーブン氏は、NEMの創立チーム(注:NEM財団ではありません)は業界で起こっている出来事を目の当たりにしながら、独自のメカニズムを考案することを決意したのだ、と説明しました。

例えば、あるケースではProof-of-Work(PoW)が採用されていますが、その仕組みでは、より強力なコンピューティングパワーがあるほど、より優れていると評価されます。

さらにPoIという仕組みは、NEMネットワーク内にもう1つの影響を与えています。

Proof-of-Stake(PoS)では基本的に、ユーザーがネットワーク固有の通貨を持っているほど、その影響力は上がります。したがって、NEMの創立者たちは上記の2つからアイディアを拝借し、それを融合することにしたのです。

その結果、Proof of Importanceは、暗号通貨やデジタルアセットのリソース(保有量)に加え、処理エネルギー(流通量)も必要となるというシンプルなコンセプトとなりました。

ユーザーが非常に多くの処理エネルギーを持っているものの、十分な通貨を所有していない場合、もしくは処理エネルギーすらも持っていない場合、PoIは実用的でない数値になります。

スティーブン氏は、PoIは両者のメカニズムの高尚な融合であると主張して、そのコンセプトを強調しています。それはちょうど、祖父、父、祖母、母、子供がいて、それぞれが多様な重要性を持つ家庭のようなものです。

つまり、重要度のスコアは、NEMプラットフォーム内でのユーザーの役割を決定する際に非常に重要になるということです。

原文:NEM Leader Clarifies Why XEM Selected Proof-of-Importance (POI) Consensus

 - NEM(ネム) ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。