VCがオーストラリアのブロックチェーンおよび暗号通貨開発企業に4400万ドルを投資

 最終更新日2017/12/04    閲覧数1,278回   この記事は 約8分 で読めます。

先日、オーストラリアの金融新聞AFR(Australian Financial Review)にNEMの記事が出ているとNEM財団のロンさんがつぶやいてました。AFRがどのくらいのメディアなのか問いかけてみたところ、

ということです。NEMはオーストラリアのGlobal Blockchainと組んでブロックチェーンセンターを創設したり、NEM取引所(11月予定でした年内か来年早々に延期されたっぽい)を作ろうとしたりで、オセアニア地域にも力を入れている感じが強いです。

では、その記事を和訳してみましたので読んでみたいと思います。

VCがオーストラリアのブロックチェーンおよび暗号通貨開発企業に4400万ドルを投資

急速に拡大しているブロックチェーンと暗号通貨の分野で成功を狙う複数のスタートアップに対して、オーストラリア市場に着目した2つの新しいファンドが4400万ドルの投資を予定しています。

アポロキャピタル

アポロキャピタルは、ベンチャーキャピタルファンドであるDominet Venture PartnersのDomenic Carosa氏とHolger Arians氏、およびウォールストリートでの経験が豊富なHenrik Andersson氏によって創立された企業で、現在最低でも3000万ドルを調達しようと試みています。

同社は暗号通貨アセットに特化して投資を行っていくとしており、デジタル通貨、ブロックチェーンを基盤としたアセット、そしてイニシャルコインオファーリングなどがその対象となります。

時を同じくして、8000万ドル規模のグローバルブロックチェーン開発ファンドであるNEM財団もオーストラリアへの進出を行っており、同社の提携および戦略的同盟のグローバルディレクターであるJason Lee氏は、オーストラリアに1400万ドルを割り当てる計画をしています。

Carosa氏は、市場が成熟し続ければ、さらに多くのファンドが暗号通貨やブロックチェーンの投資に目をつけることになると言います。

「そうした分野は誕生したばかりですが、私たちにとって今回の投資は、市場の成熟とより高い信頼性をそれらの分野にもたらす活動の一環なのです。ビル・ゲイツやリチャード・ブランソンといった人物、さらにアンドレッセン・ホロウィッツなどのファンドが、ビットコインとブロックチェーンについて、長期的には好意的な意見を表明しています。こうした事実が、さらなる信頼性を生むのです。」

と彼は述べます。

誇大広告に注意

オーストラリアのベンチャーキャピタルファンドの中には、すでにブロックチェーンについてさらに詳しく検討し始めたものもあります。AirTree Venturesとrampersandはブロックチェーンの今後について肯定的な見方としていますが、同時に、誇大広告を悪用する怪しいベンチャーも数多く存在すると注意を促しています。

「私は過去にあった2つの好不況の循環を経験しています。ブロックチェーンと暗号通貨に対しての熱狂ともいうべき状況を見ると、10年前のモバイル、もしくは20年前のウェブをめぐる目まぐるしい日々を思い出します。

それらの新技術は世界を変革しましたが、誇大広告を出すいかがわしい企業も登場しました。私たちは、とりわけブロックチェーンにとって大きなチャンスが到来すると強く信じていますが、今すぐには多額の資金を投資するつもりはありません。」

と、rampersandの執行役員であるPaul Naphtali氏は言います。

3000万ドルを持つ新規のアポロキャピタルファンドは、積極的にビットコインなどの暗号通貨アセットを運用する、オーストラリア初のファンドとなります。同ファンドは判断能力のある投資家にだけ提供されることになっており、最低投資額は50,000ドルとなっています。

同時に、XEMという世界トップ10の人気を誇る暗号通貨を持つNEM財団も、NEMブロックチェーンを利用するスタートアップを探していく予定です。

NEMは"コミュニティを基盤とした投資アプローチ"を採用すると言っており、そのアプローチでは、他の投資要件と共に、NEMのコミュニティがそのファンドを支持している必要があります(PoI投票)

財団はプロジェクトに、約1300万ドルに相当する5000万XEMまで投資を行う用意があるといいます。これまでのところ、財団はメルボルンを拠点とするスタートアップのCopyrightBankへ投資を行っています。

CopyrightBankはデジタルアセットを保護するワンストップショップとなることを意図しており、財団のファンドから65万ドルの資金提供を受けました。

理解の「容易さ」

「NEMブロックチェーンの大きな長所は、それがシンプルなプラグアンドプレイのエンタープライズソリューションであるという点です。Javascriptを理解している開発者なら、それを使って簡単に開発を行うことができます。

NEMはそのブロックチェーンのコンセプトに賛同する人々の集まりとして結成されました。私たちはこのブロックチェーンをコミュニティにも使ってもらいたいと考えています。だから私たちはVCやプライベート・エクイティ・ファンドではなく、コミュニティファンドなのです。」

と、Lee氏は言います。

NEMはブロックチェーンの"現実世界のユースケース"に投資を行いたいと考えている一方で、アポロキャピタルは長期的な暗号通貨への投資を重視し、金融市場とベンチャーキャピタルの両者における経験を持つファンドを通じて、判断能力のある投資家が簡単にこの新しいアセットにアクセスすることを可能にしようとしています。

「この新興のアセットの成長は著しいものの、株式や債券、コモディティと比較するとまだ規模の小さいものです。私たちはビットコインをデジタルゴールドだと考えており、それは現在10兆ドルもの価値を持っています。」

と、Andersson氏は述べます。

アポロキャピタルは少額の資金を、イニシャルコインオファーリング(ICO)と、短期的なイベント駆動型の取引へも割り当てる予定です。


AirTree VenturesのパートナーであるJohn Henderson氏もまた、ブロックチェーンに対して肯定的です。同氏は2013年にCoinDeskの初のエンジェル投資家となり、CoinDeskは現在も世界トップクラスのブロックチェーンに関するコンテンツサイトですが、買い手は多くの投資案件について注意しなければならないとも彼は言います。

「私たちはブロックチェーンをこの時代のもっとも抜本的な技術的イノベーションの1つだと考えています。トラストレスな分散型台帳は、第三者が価値を抜き取っている様々な産業(決済、Eコマース、財産所有権、市民の身分証明などを考えてみてください)を変容させる可能性を持っています。

トークンセール(ICO)は興味深い進展であり、企業が最低限の進捗を示すことで思いがけない額の資金を調達することができます。明らかなスキャムの特徴をすべて備えているものもあります。」

と彼は言います。

とは言え、素晴らしいチームと専門性の高い技術、そして強力なコミュニティによってトークンセールを行っている企業も存在します。そうしたコミュニティでは、トークンによる経済的なインセンティブが、アーリーアダプターとなる、さらなる動機となります

The Australian Financial Reviewがコンタクトを取ったファンドの中で、 Blackbird Venturesがもっとも批判的でした。Niki Scevak氏は、より良いガバナンスのシステムや、所有権のプロトコルおよび規格が実現する可能性については素晴らしいと感じていると述べたものの、「今日の投資業界における、信号雑音比に対する極端なノイズにすぎない」とも発言しました。

原文:VCs target Australian blockchain and cryptocurrency firms with $44m in funds

 - NEM(ネム) , ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。