『未来が実現する』:シンガポールが法定通貨をブロックチェーン上でトークン化へ

 最終更新日2017/07/03    閲覧数2,572回   この記事は 約1分 で読めます。

170703_002

『未来が実現する』:シンガポールが法定通貨をブロックチェーン上でトークン化へ。

『未来が実現する』というレポートの中で、シンガポール中央銀行は、イーサリアムを基盤としたブロックチェーン上で、トークン化されたシンガポールドル(SGD)を開発するプロジェクトの最初の段階が完了したと発表しました。

Ubinプロジェクトは2016年11月に始まった、シンガポールの銀行間決済ネットワークの代わりとなる機能を、トークン化とブロックチェーンの技術を活用することで開発しようという試みです。

プロジェクトの最初の段階は成功をおさめ、MAS電子決済システム(MEPS+)の代わりとなるproof-of-conceptのシステムの開発が行われました。(MEPS+)とは、アメリカのクリアリングハウス銀行間支払システム(CHIPS)のシンガポール版であり、銀行間の貸借の決済を行うものです。

 - 和訳, クリプトシグナル ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。