『未来が実現する』:シンガポールが法定通貨をブロックチェーン上でトークン化へ

 最終更新日2017/07/03 公開日2017/07/03    この記事は 約1分 で読めます。

170703_002

『未来が実現する』:シンガポールが法定通貨をブロックチェーン上でトークン化へ。

『未来が実現する』というレポートの中で、シンガポール中央銀行は、イーサリアムを基盤としたブロックチェーン上で、トークン化されたシンガポールドル(SGD)を開発するプロジェクトの最初の段階が完了したと発表しました。

Ubinプロジェクトは2016年11月に始まった、シンガポールの銀行間決済ネットワークの代わりとなる機能を、トークン化とブロックチェーンの技術を活用することで開発しようという試みです。

プロジェクトの最初の段階は成功をおさめ、MAS電子決済システム(MEPS+)の代わりとなるproof-of-conceptのシステムの開発が行われました。(MEPS+)とは、アメリカのクリアリングハウス銀行間支払システム(CHIPS)のシンガポール版であり、銀行間の貸借の決済を行うものです。

 - 和訳, クリプトシグナル ,

  著者プロフィール