ビットコインによるお茶産業の分散化~Tealet

 最終更新日2017/02/21    閲覧数342回   この記事は 約1分 で読めます。

2017_insert_image_000067

とても興味深い話です。ビットコインの普及は徐々に着実に進んでいますが、それは「中央集権的産業」にも分散化のメリットを気付かせているようです。

今回は「お茶産業」の分散化のお話です。早速、和訳を読んでみましょう。

ビットコインによるお茶産業の分散化~Tealet

お茶は水に次いでもっとも広く嗜まれている飲料です。また、お茶産業は歴史的に見れば、世界中で過度に中央集権化されてきました。ある企業がその状況を変えようとしています。Tealetはお茶の卸売業者であり、最新技術を使ってお茶の業界に革命を起こそうとしています。

「国際的なお茶の貿易においてかつては必要不可欠であった仲介業者が、現在もいくつか存在します。」とTealetのCEOであるElyse Petersenは述べ、大量生産のためにお茶の品質を世界的に劣化させたとして、中国の文化革命と1950年代の西洋の消費主義を引き合いに出して説明します。

「ビットコインのような発明は、この産業の未来のために貢献してくれます。」Tealetでは、ビットコインを使用して8カ国の生産者に支払いを行うことができます。

 - 和訳, クリプトシグナル ,

  著者プロフィール

お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

WEBデザイナー/ディレクターとしてのリーマン生活を脱却し、FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営していました。

今ではもう暗号通貨に絞って福岡を拠点に隠密活動しています。主にNEMをガッツリ、EthereumのDappsは趣味程度に。10年近いトレーダー経験を活かし、暗号通貨相場のテクニカル分析もやってます。

またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。